2011年11月07日

ライトワーク第6回目(最終回)

ライトワーク講座の5回目を書く前に最終回の6回目を受講してきました。

1ヶ月に1度のライトワーク講座でしたが、毎回毎回とても有意義な時間になりました。
沢山の学びやヒーリングをする上での心の在り方、色々な方法を教えていただきました。

1ヶ月に1度だったからゆっくりとその回に教えて頂いたことを次回行くまでに自分の中で
昇華したり、気付きがあったり、色々なアクシデントから学んだりできたんじゃないかと
思います。

昨日の講座では施術する時に知っておくと便利な色を意識したヒーリング方法を教えていただきました。
色の順番等もやはりあるそうで、知らなくても全て宇宙にまかせればそのようになるのだけれど、
予め知っておくとピンポイントでヒーリングする時にやりやすい、というものでした。

例えば頭痛だったらこの色を使うといいよ、とか。

赤の後に青と白を使う、とかそういう感じでした。
これは創始者の方がずっと何千人もの施術をして統計を出した傾向を教えてくださっているものなので、
万人に共通するものというわけではないと思いますが、
とっさにやらないと!っていう時にやりやすいと言うのはあるかもしれません。

それ以外では改めてヒーリングをする施術者(ヒーラー)の心の在り方、自分のケアやクリアリングが
一番大切だということを話したり、この半年近くで気付いたこと等を振り返ってみてお茶をしながら
話し合いました。

私はこの講座に参加して自分の思い癖を考えてみたり、

愛が根底にあるヒーリングと不安や恐怖が根底にあるヒーリングの違いを自分で体験したり、

無条件の愛っていうのがどれだけ自分に影響するかを知り、

それらの自分の心の在り方の違いがどれだけ現実に反映されるかを目の当たりにしました。

他者に嫌われたくないと思う自分の思考に気付いたり、

自分の存在意義の潜在的な思考を見つけたり、

依存に関する思考に気付いたり、

責任に対する思考に気付いたり、

それらの思考がヒーリングをするときのノイズになっていたことにも気付きました。

感謝っていうのは自然に湧き出してくるものなんだということも最近になって
初めて判った気がします。

これらの沢山の気付きはただこの講座に参加したから沸きあがってきたものではありませんが、
この講座に参加しながら日々を生活してきたから加速されたような気がします。

この半年近く、とても気付きやアクシデントや変化が加速度的に早くなってて
10月一杯は殆ど体調不良で寝込んだり辛くて泣いたりしてたけど、
それすらも私へのギフトだったんだろうなぁと思うと感謝したい気持ちになります。
ほんとは辛いの嫌だし病気だって治って普通の身体に戻りたいという気持ちはありますが、
だけど今自分に起こっていることから逃げようとしたり対決しようとしても、
それはただ辛い気持ちが大きくなるだけで解決できないんだと気付きました。

今起こっていることと向き合って受け入れる、その上で自分の人生を楽しめるように
考えて行動すればいいのかな?って今の時点では思っています。

私はまだ2時間毎に食事をして1日7食摂らないとっていうのがまだ受け入れたくない…
もしかしたら他の治療をすれば3食に戻せるかも、血糖値が安定するかも、
なんて気持ちがあって受け入れきれない私がいます。

だけど今現状の私の身体は2時間毎に食べないと低血糖の不定愁訴が出る身体になっているわけで、
しかも10分我慢してだけでも体と精神がもう耐えられない。
食べるのが苦痛だとかいってる場合ではないんですよね。
この経験をすることで今まで知らなかった境遇の人達の気持ちも少し判るようになったと思うし、
食への関心と感謝、敬意も増えたように思います。

少しずつでもこの現状を受け入れて、健康な人と違うけどそれでも私は楽しく快適に生きているとか、
工夫すればこういう状態でも遠出できるとか、何でも出来るって喜びを持って言えるようになれるよう、
少しずつ改善して楽しんでいこうと思います。


こういう風に考えられるようになってきて、昔よりもはるかに気持ちが楽に生活出来ている気がします。


ライトワーク講座に参加させて頂きありがとうございました。
私に沢山の気付きや学び、これからの在り方、沢山の愛を共有出来た事、
皆と一緒にお話しできたこと、
自身の無い私をひたすら認めてくれたこと、

色んなことに感謝します。
posted by えみ at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ライトワーク