2012年01月31日

2012年チャネリングセミナー1回目

今日は不思議なご縁で参加することになったチャネリングセミナーの1回目でした。

最初お誘いいただいた時は今受講できるお金が手元にないから無理・・・
と思っていたのですが、なんとまぁミラクルがおきたわけでした。
ほんとびっくりして愛を実感して感謝しました。

全く行けると期待してなかったので驚きでしたが、
いけることになったからには全力で
頑張る覚悟です。

しかも家から超☆近いので1回目は自転車で行って来ました(笑)

参加者の方もご近所の方から遠方の方までいろいろいらっしゃいました。

1回目はチャネリングとはなんぞや?という基礎知識から始まって、
オーラリーディングの練習、
チャクラを整える瞑想等色々な瞑想の説明と実践。
マジックサークルを造って場の聖別のやり方などを勉強しました。

正直マジックサークルとか(いわゆる意図で作る魔方陣?)初めての体験なので
できてるのかいまいち実感がありませんが、覚えるまでは毎日練習あるのみですね。

うちには和室の一角に既に祭壇と瞑想する場所が設置してあるのですが、
この場所を改めてマジックサークルで聖別すればいいかなと思いました。

あとはチャクラ瞑想だけど…
途中で意識半分飛んでました(;´д`)
そういう人はグラウンディングが弱いんだって先生が言ってた。
グラウンディングするときのコードってやつを瞑想する時に地下に伸ばすのですが、
そのコードをもっと太くするといいそうです。
そりゃもう丸太とかの太さ位に。
私瞑想してたとき意図したコード、
掃除機のコード位の太さだった(笑)


オーラリーディングの練習はもう、色が見えない〜から私ははじまりましたが、
肉眼の色で見ようとするのではなくて、見えないなら違う角度から感じてみたり
触ってみたり、話しかけてみたり色々するといいのだそうですよ。
これもひたすら練習あるのみ、という気がしました。

でも他の方がズバズバとここら辺が○色でこんな感じがする、とか話してるのを
横で聴くと私まだできてない!って焦りますね(笑)


そんな感じであっという間に時間が過ぎました。
これから1ヶ月間、週1回通い、毎日瞑想等の練習です。

悔いが残らないよう精一杯参加してきます♪
posted by えみ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング

2012年01月26日

アルタイルに感謝を

元旦からずっとメガバクテリアとカビの繁殖で入院と通院を繰り返していた
オカメインコのアルタイルでしたが、1/22午前1時50分頃に落鳥しました。
あと1日で3ヶ月のまだまだ雛ちゃんでした。

21日の夜に帰ってくる途中、夫からものすごい吐いた!と連絡があり急いで帰宅しました。
この時点ではまだ食欲はあって、自分でさし餌を少しついばんで食べてくれました。
生きようという姿をみました。
既に大体の動物病院は終わっていて、夜間診療をしてくれるところを探しました。
気が動転していて上手く検索できなくて、ツイッターでお願いしてみたり
電話で人に相談したり・・・。
そうしてる間に電車で行くことも出来ない時間になり、鳥専門以外の獣医にみせても
多分この状態の子を助けられる人はいないかもしれない・・・でもみせるだけでも見せた方が
いいのか、明日の朝まで何とか持ちこたえてくれたら世田谷の病院へ連れて行こう、などと
葛藤していました。
夜中になって夫婦交代で様子を見ながら徹夜することにしました。
その間、知り合いのヒーラーさん達がアルタイルに、私達夫婦にヒーリングエネルギーを送ってくださいました。色んな方が応援して下さいました。
ありがとうございます。とても支えていただきました。
貴方達がいなかったら、私は頑張ろうとおもいながら不安におしつぶされて、
途中で諦めてしまったかもしれません。

アルタイルはその間ずっと頑張ってくれて、保温ケースの中でじっと目をつぶっていました。
だけど日をまたいた22日の午前1時45分頃、突然また吐き戻しました。
もう胃の中にあるものを全て出してしまうような感じの激しさで、全部吐いた後、
羽根を閉まっておくことができずに落ちはじめました。
このとき体重は62g、前日よりも10g以上落ちていました。
すでに意識が殆どなく、新しいさし餌を見せても何も反応しなくなりました。

慌てて仮眠している夫に伝え、二人で戻ってきた頃には足で立っていることすらできない、
しりもちをついているような格好になっていました。
そして二人で励ましましたが、数分後に息を引き取りました。
亡骸にありがとうありがとう、うちに来てくれてありがとうって何度も感謝しました。
長生きさせてあげられなくてごめんねって何度もあやまりました。



私は今でもアルタイルが息を引き取る時の姿が忘れられません。
もう二度と鳥は飼えないかもしれないと思いました。
最善をつくせなかったかもしれないと自分を責めました。

でもこの数日で、不思議なご縁で心が固まってしまう前にレインドロップをしてもらったり、
カウンセリングを受けたりしているうちに心の整理が大分でき落ち着いてきました。
前の鳥の時は立ち直るまでにかなり時間がかかったので、
こんな短期間なのに心がここまで落ち着いたのは自分でも驚きです。


カウンセリングの内容はこちらのアメブロのほうに書いたので
良ければ御覧になってくださいね。
こころのうた(アメブロ版)

この件で本当に沢山の人に助けられ支えられました。
施術やカウンセリングをうけて心が楽になったことで、
辛い時にはこうやって人に頼ってもいいんだと思いました。

アルタイルに、皆さんに感謝を。
ありがとうございます。

DSC01755.JPG
posted by えみ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き

2012年01月20日

神社と馬の夢

2日間連続で神社におまいりに行く夢をみました。

1日目は旦那さんと一緒に神社に御参り。
この神社へ行くという流れになる直前に嫌な夢を観てました。
昔の私の恋人に旦那さんと私が拉致監禁されるというなんともな内容で、
逃げようとするも刃物を突きつけられて中々うまく逃げられない。
途中で助けを呼んだら気付いたらその人はいなくなっていました。

そしてその後二人でそのまま何故か道を歩いて神社の方へ向かう流れに。
何故か神社へいく道中にあるお店等、
1軒1軒にこんにちはー!
ってにこやかに挨拶しながら移動し、
神社へつくと、前にいたのは茶色い馬とそれを連れた何人かの人。
馬はおまいりするとこにあった石の台の上に器用に上ってじっとしてました。

そして自分の番になったので御参り。
内容は殆ど覚えてないのですが、何か自分の人生の課題みたいなものを自分で何とかするから
宣言しにきた!という感じで、
最後に世の中の皆にとって良い年になりますように。とお祈りしてました。


そして2日目はまた違う神社へきていました。
この日は御参りする前に手水舎で両手と口を洗うっていうことをやったのですが、
実際は手順を知ってるはずなのに、夢の中では両手にじゃばじゃば水をひしゃくで
かけて、口をすすぐときは、そこのひしゃくと水が汚く感じて口だけはすすげず、
形だけやって終了しました(笑)
そしたら誰かが私のところへきて、
「何で口をすすがないんだ?」って聞くので、
この水が汚くて出来なかった、と答えたのでした。


夢診断を調べたら
手水場が現れるのは、悔い改めたり清めなければならない部分があって、
そこで手を洗い口を濯ぐと浄化されるという夢みたいです。
口だけすすぐの拒んだってことは浄化されたくないブロックでもあったのかな。


あとは神社へ夫婦で行く夢は縁が強いことを示していたり、その土地とどちらかが縁が強いことを
示したりしていることもあるそうです。
近くの神社へ実際御参りしにいくのも良いそうなので、今度天気の良い日にでも諏訪神社へ
御参りに行ってこようと思います。
諏訪神社は一番近い場所ではないのですが、私が近所ではそこが一番好きなもので。
大きな樹がたくさんあって、とても気持ちの良い場所です。

夢の馬は運命を象徴したり精神的なエネルギー、肉体のエネルギーを象徴するもので、
大体馬が出現する夢は吉夢なんだそうです。


1日目も2日目も神社については結構良い夢なのに、セットで同じ日に観てるほかの夢が
目的遂行の為に殺人(?)をしてる阿鼻叫喚の世界だったり、拉致監禁されてる夢だったりなので
+-0?みたいな気分ですわ。

埼玉は今日は雪です。
寒いですが皆様も楽しい週末をお過ごしくださいね。
posted by えみ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記

2012年01月18日

ネット巡回でのガイドの巡り合せ

いつもご訪問ありがとうございます^^

私は良くネット巡回をするのですが、最近は精神世界系の気になるブログを見つけては
初めから日記を読みふけるということをしています。
どういう経緯でたどり着いたかは色々ですが、私が無意識に知りたいことを教えてくれるような、
そんなサイトに1個ずつ出会います。
去年は10月頃に出会ったブログで守護霊についてひたすら書いてある場所がありまして、
そこで毎日毎日ずっと時間があるときはその人のブログを読みふけっていました。
その人の世界観というか基準ではあるかもしれませんが、守護霊というものがどのようなものか、
私達と守護霊の関係等、本当に色々な事を学びました。
私の中では守護霊っていうのは私がいつもガイドって言っている存在と同じなのかーという結論になりました。
1ヵ月半位毎日過去ログを読んでた気がします。


そして今年に入ってからまた1つのサイトを発見しました。
その人は何年も前からずっとエッセイを書き続けてる人のようで、
主にバシャールや宇宙人について書いてるみたいです。
10年分位あるのでまた暫く読みふけることになりそうです(笑)

顕在意識では特にバシャールも宇宙人もそこまで知りたいという気持ちは無いのですが、
エッセイ全部読んでみようと思ったということは、
きっと私が知りたいことだったのかなぁ?
って。

私に必要なことを私が処理できる分だけガイドが出会わせてくれているようなきがします(笑)
多分これらの興味あるブログを2個同じ時期に私が知ったとしても、読みきれなくて途中で止めてしまうと思うのです。
そこらへん小出しにもってくるのが私のことを良く判ってるガイドだなぁと思うのでした。
posted by えみ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き

2012年01月17日

鳥好きの集いオフ会と象とドッキリ

今日みた夢は初めは鳥好きの集いオフ会に友人夫婦と私と夫で参加するという夢でした(笑)

ああーこういうオフ会に参加したかったんだよねーとしみじみと嬉しそうに浸っている夢の中の私。
そして気付くと鳥好きな人達と皆で船でどこかへ移動することに。
移動してる場所が昔の私が住んでいた家の付近の道路で、そこが洪水によって川のようになっていました。

道に沿って船で進んでいくと、途中の細い道のところに制御不能の象が突進してくるのが見えて、
うわっどうしよう!?って思ってたら道の脇に座ってたおばさんみたいな人が象を押さえ込んでくれました。

うわー今の内に通らせてもらう!と細い道を抜けるとその先には狂った制御不能の子象が前足2本で逆立ちしながら走ってきて船の脇を通り過ぎていきました。(こう書くとギャグにしか見えない)

それと同時に遠くの空に苦しんでいる象が3頭、1頭は逆さまになってて残り2頭は後ろ足2本で立ってるような姿でどこかにぎゅうぎゅうに閉じ込められて苦しんでるのが見えました。
その姿があまりにも苦しそうで、近くの人に
ねえ、あの象みえたよね?と確認してしまいました。

その後1本道を船でひたすらすすんでいくと、上空の薄い青空に雲のような白い細い線が徐々に何かの模様を描き始めました。
花みたいな幾何学模様みたいな魔方陣みたいな?
その模様が描き終わると、その模様の中心からズドーン!と丸い巨大な玉のようなものが落下してきました。

大きさは多分直径30〜50メートル位?
そして半分から上がパカッと開いて、

おつかれさまでしたー!ドッキリでーす!!
って何人もの人とか獣の姿のきぐるみみたいな人とかとにかく沢山でてきて、

どうも自分達はここに来る前に記憶を消されててどう行動するかを観察されてたらしい、
みたいなことを悟りました。
そして何故かその後ご褒美にその場で豪華回転寿司をふるまっていただくという
オチでした(笑)

私が選んだ特大赤みマグロは消しゴムみたいな固さですんごい食べるのがしんどくて途中で残してしまいました(笑)


何だか鳥好きの集いだったりご褒美だったりの部分はいい感じがするけど、
間の洪水とか象とかがなんとも微妙な変な夢だったのでした。


起きてから夢診断とかでしらべてみました。
色んな場所からの無許可転載ですがご容赦下さい。

象:力強さ、勇気、自信、誇り、豊かさ、財力、潜在能力、頼りになる味方などを表します。
ゾウの夢は、暖かい家族の愛情に包まれていることを意味します。
またそれと同時に、「家族への感謝の気持ちを忘れないで」という警告の夢でもあります。

象が暴れている…ノルマやプレッシャーがきつい時。健康管理の必要性。

象から逃げる・象に追われる…上司や権力者からの圧迫や圧力。自己の力を出し惜しみしてチャンスを逃す。自身の内的衝動や強さを怖れている。

ゾウに追われる夢は、力を持つ存在から圧迫されていることを表わしています。あるいは、自分の心のうちをのぞくことを恐れ、逃げている状態であることも考えられます。


船:夢に出てくる船は人生を象徴していて、船に乗り合わせた人たちは、人生に深くかかわる人たちです。

船が出港する夢は、新たな可能性が開ける暗示。

うーん乗り合わせた人達は旦那さんと友人以外誰かわからなかったなぁ・・・
でも小型船舶並みの大きさなのに結構沢山のってました。

象の方は今漫画のアシスタントのお仕事をしているからかも。
仕事はじめたとたん食事がおざなりになってるからもっと管理しろってことかもしれませんね。

しかし初めてのドッキリが夢の中というオチになりました。
posted by えみ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記