2012年08月23日

夢は霊的社会科見学?

ここ最近とても普段の自分とは違った行動をする夢をみます。
連日そうだったのでどういうことなのかなぁ?と色々考えてみました。

まず一昨日に観た夢はトイレに私が用を足しに入っていた時のことです。
女性用トイレなのに突然複数の男性が話しながら入ってくる声が聞こえてきました。
そしていきなり個室ドアの隙間から覗き込んだかとおもったら、
「えみじゃん!」みたいな気安いノリでいきなりドアをこじ開けてきたんです。
私はびっくりしたのとその悪びれもしないというか常識の無さに頭にきて
そこに正座しろ!と男共を6人位?その場に正座させて怒りを爆発させました。

初め間違って入ってきたのは仕方ないとして、その後悪いと思わずに居座るとはどういうことかと
説教しながら怒ったのですが、男達は悪いと思ってない様子。
あまりにも頭にきてその場で正座してる姿を写真にとって誰かに報告しに行こうとすると
さっきまで何処吹く風だった人達が顔色を変えて卑怯だ!
というようなことを言いながら今度は私を責め始めるというものでした。

そして今朝見た夢は、なぜか以前付き合っていた人と今住んでいる家から違う家に引っ越すという話になっていて、新しく引っ越す物件も既に決まっているらしく私はただそれに従うような感じから始まりました。
だけれど新しい物件は今の家よりもはるかに狭くて住み心地も悪そうというか・・
むしろその引っ越す直前にハッと我に返り、私は今住んでるここが大好きで離れたくない!!と
急にそういう思いがこみ上げてきて相手に断固拒否するというものでした。
すると相手は青いレトロな外車に乗っていきなり私の方に突っ込んできました。
私はそれでもそんな車怖くないと恐怖を微塵も感じずその車と対峙しているという夢でした。

起きてから今住んでるところが気付かないうちにこんなに大好きになってたんだなぁと思ったのでした。

この連日の激しい気性の夢が何か意味があるのかしらと思いをめぐらしたりしました。
普段の私は自分が言うのもあれなんですがとても温厚な生き物なんですよ。
めったに怒ったりしないし、断固拒否とかそういう拒絶行動を取るなんてことも殆どありません。
だけどここ数日自分の気性の激しい部分があるというのを垣間見ているという気分です。
ああ、私もこんな風に怒れるのか〜・・・みたいな。
ただ表に出さないだけでちゃんと自分の中にはそういう部分があるのかな、と思ったんです。

余談ですが、私は最近クロップサークルのエッセンスを飲んでいます。
本来クロップサークルエッセンスは飲まないで使うものなんですが、
飲用許可を正式に出してくれる方のセッションを受けた時にたまたま出たエッセンスでした。
テーマが「女性性と男性性の統合」、bSのエッセンスです。

以前から私は女性性と男性性のバランスがどうも悪いらしいというメッセージがきていました。
それでこのエッセンスが選ばれたのかなー?と思って既に3週間程飲んでるのですが、
ここ数日の攻撃的な夢はその影響もあるのかな?と思ったんです。

女性性と男性性の統合というテーマにおいて、この激しい気性の部分であったり
本心を曲げない勇気であったりする自分の中の部分に気付いて、
こういう部分が自分の中にあることを認める必要があったり、
これを実際自分の人生で表現することも時として必要になってくるのかもしれない。
必要な時に出来る様に夢にでてきたのかも、と思いました。

私が起きて私として生活している時、私に起こる出来事によってその時に感じる感情はより身近に
リアルに感じられるけれど、どうしても客観的に見ることが出来なかったりします。
それは痛かったり苦しかったりする時により強く感じます。
苦しいとそれに捕らわれてしまって中々本質がみえない。

だけど、夢の中だとそういう肉体面での苦痛というものをあまり感じないことが多いんだけど
感情はよりリアルに感じられ、だけどもそれを一歩引いたところからも観察できる。
だから夢を覚えて持ち帰れたとき、観た夢の中での感情や出来事を改めて思い出してみて
あれはこういうことだったのか、そういう風にみえるのか、とわかることも良くあります。
自分で体験経験しながらより客観的に感情や体験を観察できる。学ぶことが出来る。

それはまるで霊的な社会科見学をしてきたような感じだなと、今日思ったのでした。
夢で体験した感情や経験が、もしかしたら自分が過去世で体験したことを追体験してるのかもしれないし、
その感情を理解するために仕立てられた物語かもしれない。

昔から私は夢を観るのがとても好きでした。
昔は空を飛んだりとか良く行く街に行ったりとか、
ただ夢を観るのが好き、という感じだったけど、
今では夢を観るのは好きだけどその見方がかわりました。
夢から気付きを得られるなんて、何て便利で楽な方法なんだろう!と思ってます(笑)

でも夢も現実での抑圧が大きければ大きいほど歪んでしまう気がします。
私が漫画を描いていた頃は、〆切りが近づくほどに怖い夢ばかりみていました。
描いた原稿が川に流されるとか・・・
ここ数年夢の質が変わったなと思いましたが、そういうストレスが減ったからかもしれません。

気付きが多い夢を観るためには日々の生活にもちゃんと目を向ける必要があるのかもしれませんね。

まぁあれですよ、上記のようなしょーもないと思える夢ですらも
自分にとっての気付きはある、ということです。
そこから何かを気付くか、ただのしょーもないくだらない夢だったと判断するかも
本人が決めることなんですよね。

皆さんも是非夢の中で社会科見学して色んな気付きを持ち帰ってきてくださいぴかぴか(新しい)
posted by えみ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記