2011年04月25日

モニター対面セッションさせて頂きました

先日の22日、お友達のお宅にお伺いしてなんとご家族総出で初の対面セッションに御協力して頂きました。
まさかご家族揃って受けていただけるとは思っていなかったのでとても貴重な体験と学びをさせて頂きました。

セッション内容は個人のことなので省きますが、まずお伺いして1番目にセッションさせて頂いたのはお友達のお母様でした。
着物を着ていらっしゃる凛とした方でした。

お母様のような年代の方にセッションという形で接する機会は皆無だったので、本当に貴重な勉強になりました。色々お話もして頂き、今の自分に足りない部分を再認識した気持ちでした。
私は前回の日記でも責任ということについてずっと考えていると書きましたが、この方がまさに責任の在り方の一つの形を体現されていらっしゃる、白鳥のような方でした。
本当にありがとうございました!

2人目をする前に奥様の手作りランチをご家族と一緒に頂きました。
初対面なのに一緒にランチしてて何だか不思議な光景(笑)
でもとても楽しい時間でした。

お昼を済ませて二人目はお友達の息子さんをセッションさせて頂くことに。
これまたこの年代の方にセッションするのも初めての体験でした。
それでも比較的年も近いこともあり、和気藹々という感じで進めさせていただくことができ、
終わってからは面白かったと言っていただきました^^

3人目はお友達の奥様をセッションさせて頂きました。
奥様はレイキマスターの方だそうで、なんだか少し緊張しつつもとても親近感の湧く方でした。
色々なことをお伝えさせていただいたり、話しながら進めていくと1時間というのはあっという間に経ってしまいました。
でも奥様からは終始気持ちよかったと仰って頂きました。

そしてこのスピクリというエネルギーは言葉を貰うよりもただ流し続けてもらうというのが一番大切で、その中で自分が気付いていくサポートをしてくれているのね、と仰って頂けてとても嬉しかったです。
それがまさに私が今皆さんをそうやってお手伝いして行きたいと思っていたからです。


さすがに1日で3人続けてセッションさせてもらったらふらふらになってしまって、お友達御本人はまた次回お願いさせて頂くことになりました。

私のまだまだ拙いセッションだったにも関わらず、いやな顔一つせず皆さん御協力頂き本当にありがとうございました!

最後に手がけている農園を見学させて頂き帰宅しました。

今回一番思ったことは、対面や遠隔に関わらずやはり絶対的に経験が足りないということ。
そしてセッションをするに当たって、カウンセリング能力や色々な知識もまだまだ足りないと感じました。
対面やスカイプ等で話しながらになると、どうしてもエネルギーをずっと流しながらというわけにはいかず、思ったよりも負担が大きいと感じました。
どんな感じかというと、車を少し走らせては止め、走らせては止め、という感じなので初動のエネルギーシフトが結構大変なんだな…と。
慣れてないからなんだと思いますが。

今の私だと、完全にエネルギーを送るだけの遠隔セッションだと30-40分間ずっとエネルギーを流しっぱなしにするのでより集中して一つの課題についてエネルギーを送ることが出来るみたいです。

でも対面も勿論とても有意義な方法だと思うので、これからも機会があれば練習していきたいと思います。

この度は本当に貴重な体験、経験と学びをさせて頂きありがとうございました!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44536263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック