2011年06月13日

ライトワーク講座第1回目

6/12からみのりさんの開催されるライトワーク講座が始まりました。
以前にライトワークの集いに参加した時この考え方やその手法にとても感動しました。

何故ならこのライトワークというのはヒーリングというものを何も知らなかった普通の人が見つけ作り上げた方法だからです。
だから誰にでもやろうと思えば出来る、ライトワークというのはそんな講座です。

初日だった昨日は、まずヒーラー、ライトワーカーとしての心の在り方のお話がメインでした。
ヒーリングは愛からの行動、そこに制限をつけないこと。
可哀想だからとか同情とかそういう不安や恐怖からの思考で行わないこと等。
宇宙への意図の仕方等。

私の例えで言うと、去年親友と決別した際に気づいた、
「どんな酷いことをされても彼女は私にとってかけがえの無い友人だった」
という一文。
この中で宇宙に発信されるのは「私は彼女に酷い事をされる」という部分だけなんだそうです。
いくら嫌なことを言われたりしても嫌いになれず、自分にどんどん制限をつけていき、最後は身動きが取れなくなってしまった。
そういう自分の現実を、結局は自分でそうやって作り上げていたんです。

パワハラとかDVの被害者の考え方も、もしかしたらこの法則と同じようなものなんじゃないかな…?
と、今思いました。
基本は結局「今、私」が何をするのか、したいのか?ということなんですよね。頭じゃわかるんだけど中々難しいです。

多分職業としてヒーラーをされている方にとっては基本中の基本のお話しではあると思いますが、私はお話を聞いて色々思う所、考えるところ、そしてまだ全然判らないところが沢山ありました。

実際私の最近での体験談をシェアした時に、話した本人以外の方には私と相手がどんな学びと体験をしたのかよく理解されたみたいでした。
なのに当の私はいまいち腑に落ちない・・・。
むしろ話してる間に思い出して感情が高ぶって泣きそうになってしまう始末。
説明されたけど、ああなるほど!って思ったんだけど、やっぱりまだ腑に落ちていないんです。
でも今はそれでよくって、きっとふとした瞬間に腑に落ちる時期が来るんだそうです。
それまで心を整理して色々自分の心の癖を振り返っていこうと思います。

振り返って、で自分のブログを少し読み返してみたら、なんだチャネリングでもガイドに散々同じようなこと言われてる!!ということに気づきました。
それから知識として自分で同じようなこと言ってることも沢山ありました。
これらのことが自分で気付きとして腑に落ちないと、ただの知識でしかないんだな〜と思いました。


そして最後にギフトを受け取る誘導瞑想をして頂きました。
始めに宇宙の叡智を受け取る時、何故か脳裏にこの前亡くなったオカメインコさんが出てきました。

誘導瞑想が終わった後、皆でシェアをしていた時にその話をしたら、みのりさんの一言で気付いたことがありました。

それは私の為に卵を産み続けてくれたオカメインコは、まさに私にとって無条件の愛を体現してくれていたんだということに気付いたんです。
彼女のしてくれていた、「だって私がやりたかったからやっただけなんだよ」ということが、無条件の愛そのものだったんです。
だから死んでもあんな幸せそうな顔をしていたんだってことにやっと気づきました。
それに気付いた時に感謝で涙が止まらなくなりました。そしてこれを書いてる今も。

彼女が愛をくれていることは判っていました。だけどこれが無条件の愛というものだということに気付いていませんでした。
彼女は私が気付かなくても、それでもただひたすらにずっと無条件の愛を送り続けてくれていたんです。



今まで気付けなくてごめんね、そしてずっとずっとありがとうございます。

あなたと出会ってから鳥がこんなに可愛い存在だと改めて気づきました。

初めてペットを家族だと思えるようになりました。

仕事をしているときに後ろを向くとうるさく鳴いてたよね。

イライラして怒鳴ってしまったこともあった。

連日外出で家の中でずっと暗くなってもひとりぼっちの日も沢山あったよね。

だけど一緒にお昼寝するとあなたも一緒に肩の上で寝ててくれたね。

私が精神的に辛くて不安定な時には、連日夢にまで出てきて助けてくれたのも覚えてるよ。

そして今年の3月からずっと私の為に卵を産んでくれてたんだね。

私達の家族になってくれてありがとう。

そして私に無条件の愛を教えてくれてありがとう。

愛と感謝を込めて

冬ノート用見開き.jpg
posted by えみ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45961415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック