2011年08月26日

栄養指導2回目

8/25は2回目の栄養指導でした。

前回から丁度1ヶ月。
私の身体の変化としては、
・体重が2キロ弱減った
・炭水化物をとらなくなったことで2時間半ほどで血糖値が下がって調子が悪くなるようになった
・2時間半位でお腹がすく(?)血糖値が下がるので補食を摂取しないといけないので常に何か食べてる感じがして気になる。(でも体重は減ってる)
・代謝が良くなった気がする(汗をかくようになった、体温が少し上がったような感じがする)
・ちょっと歩く位ではバテなくなってきたし発作も起こらなくなってきた。

・ここ数日の間、食事をしても息苦しさがおさまらずため息ばかりでる。
・食事直前に突然不安にかられたり、食事中に吐き気がでてあまりたべられなくなることもあった。
・安定剤は減薬中で、現在はエリスパン錠を1日おきに朝のみ半錠まで減らした。

こんな感じです。
体重に関しては歩く位しか運動といえるものはしてなくて、食事量も普通に炭水化物と糖類を抜いている以外は結構満足するまで食べています。カロリーも全然気にしてないです。
それでも体重がどんどん減る傾向にあるのが不思議な感じです。
たんぱく質摂取等による代謝の活性化も影響してるのかも。最近は結構汗もかくようになったきがするし、部屋にいても椅子が汗でびっしょりになる位です。


栄養指導と内科の先生二人にまた例のごとく気になったことを質問してきました。
・大豆以外の豆類はどのくらい食べてもいいものか?
・大豆麺や大豆粉はどのくらい食べてもいいものか?
・クロムラクトフェリンという製品があるという記事をネットで見つけたが、
これはどのようなものか意見を聞きたい
・カロリー0の砂糖について
・血液検査の診断表の基準値について

あたりを質問しました。
・大豆以外の豆類については、大豆以外はデンプン質が多くなりじゃがいもと変わらない扱いになるそう。
付け合せ程度ならいいけどあまり食べないこと。

・大豆麺や大豆粉は豆腐に比べて大豆が凝縮されているので、その分糖質も高くなってくる。
大豆は糖質も含まれてくるので麺や粉は1食で糖質10g以下に抑えること。
粉を使う場合はそれだけ食べるのではなく他のたんぱく質や野菜等も一緒に摂取すること。

・三価クロムは吸収されにくいし足りないと確かに糖代謝に影響が出るが、それは他の栄養素でも同じ事で、業者が何をピックアップしているかの違いというだけ。
これを摂取すれば万事OKというわけではない。
それよりもバランスよく栄養素を摂取することが大切と内科医は仰っていました。
問題は私がどのような身体作りをしていきたいかを明確にすること。
それには自分に何の栄養素が足りなくて、それが足りないとどういう影響が起こる可能性があるのか、
十分あるとどのような効果があるのか、何をするのが体にあっているのかを自分自身が知る必要があるということなんだなと思いました。
でもラクトフェリンはとてもいいからそれ単体摂取でもいい位だ、とも仰っていました。
クロムラクトフェリンを作るなんてうまいなー!と関心してもおられました。

・カロリー0の砂糖については、研究機関でちゃんと検証して認可が出てるのがラカントSとパルスイートなんだそうです。なのでこれを使えば一応安全だよ、ということみたいでした。
でもラカントとかってバカみたいに高いですよね。
だけど最近は認可されてないけど血糖値を上げないとされる糖類を使用した砂糖も出ており、私はその認可されていないちょっと安めのやつを買ってみました。
エリスリトールとスクラロースが使われた砂糖で血糖値を上げない糖類とされています。
一応大丈夫だろうとは言われました。
使うのも料理の味付け程度なら問題ないとのことなので暫く使ってみようと思います。

・血液検査をしたさいの右側にある基準値ってどうやってだしてるの?という質問をしてみました。
そしたら、検査会社の社員+被験者の健康であろう人たちを集めた平均値なんだそうです。
健康であろう人達がこの位なんだから基準もこの位、という程度の値みたいです。

そして内科医が以前に説明するときに提示してた理想値についても聞いてみました。
すると医者の理想値というのは一般的なものではなく、そこの分子栄養学を研究している研究グループがテストしてその研究結果の積み重ねからこれ以上その栄養素を摂取しても頭打ちになる、という数値を出したものということでした。

そりゃ理想値を分子栄養学を知らない他の心療内科医等に見せても判らない、といわれる訳です。
謎が解けました。


質問が終わってから、最近の食事内容や近況の体調等の話をして、新たに指導されたことは
・肉の部位を赤身中心に、脂を減らしてカロリーもカット
・大豆麺や粉は1食10gを目安に
・肉の加工品はたまに、少なめに。ベーコンよりもハムの方が好ましい
・麺が食べたかったら豆腐素麺を食べるなどする
・魚介が少ないみたいなので多めにする

・近日の体調不良については、そういう日もあるよね、と過度に心配せずやりすごす
・補食は具合が悪くなる前に摂取すること


このような感じでした。
食事内容については概ね今のまま続けてくれれば良いと言われました。
夫も同じ食事なのですがいいのか?という質問もしましたが、炭水化物を減らしてたんぱく質を沢山とるのは誰でも好ましいことなのでそのまま出来るのなら一緒の食事で構わないと言われました。



栄養指導に関してはこんな感じでした。
あとは個人的体調不良の見解としては、今マントラをやってるのでその影響もあるのかなと思ったり。
丁度2日目位から調子が悪くなり始めたので。
あとは気圧も影響してるのかな・・・?

こう書いてて思ったのは、今のこの私の期間について。
今は出来る事をコツコツと積み上げていく期間なのかなと感じました。
その毎日の一歩一歩を大切にしていこうとおもいます。
posted by えみ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 機能性低血糖症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47558257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック