2011年10月05日

パワーアニマル

昨日、チャネリングセミナーで御世話になったエリザベスのパワーアニマルを見つけるというセミナーに参加してきました。

ちょっと前からメルマガで読んでて、あ〜参加してみたいかも…と思っていたのですが、
そのまま日々が過ぎ、昨日のお昼頃ふとエリザベスのサイトが目に留まってセミナー日程を見てみたら当日でした。
折角思い出したから参加したいと思って、電話で予約して19時からセミナーを受けてきました。
この日はマスターマーリンが来てくれてたそうです。

始めにエリザベスが全員のオーラのクリーニング。
セージの煙でスマッジングしてくれました。
そしてその後誘導瞑想を15分程やって、それぞれのパワーアニマルに自分で会いに行きました。

余談ですが私は以前にシータ的な見方でパワーアニマルに会いにいったことがあって、
その先入観でまたあの子たちが出てくるのかな?ともちょっと考えていたのですが全然ちがいました。
その時は赤い鳥(多分フェニックス)と白馬と緑の東洋龍、白へび、白虎、青いウサギが出てきました。


私は誘導瞑想で洞窟の中心へといくと、はじめに光る目が観えてその直後に「ドラゴン」という単語が
浮かんできて、ぱっと体が赤いドラゴンが観えました。
あまりにも全然考えてなかった生物?だったので、信じられなくてその場で思考がとまどってると
すぐ横に今度は目が金色のほんのり青白い白馬がやってきました。
そして私をさらに奥のほうまでひっぱって誘導していきます。

さらにドラゴンの近くまで行き、身体をさわりました。
赤い皮膚でなんかずん胴?な感じ。
4つ足がついてたので西洋のドラゴンなのかな?という感じでした。
そして誘導瞑想にしたがってドラゴンと共に彼の住処へと案内してもらいました。

ドラゴンを右手で触りながら周りをみるとはじめは奥深い緑の森に入り、
次に気付くとそこは岩と溶岩の溢れる場所でした。

そしてドラゴンから「怖がるな」「勇気」という言葉を受け取って瞑想から帰還しました。


瞑想後にみんなで何の動物だったかをシェア。
ドラゴンは私だけだったのですが、エリザベスはこの日絶対ドラゴンの人がいるだろうと確信をもってたらしく、あらかじめネットでどういう役割かを調べておいてくれたそうです。
でもドラゴンや鹿は日本人にとても多い、と言っていました。

他の人達はフクロウ、キツネ、ヘビ、ヒョウ、カメ、クマなどがいました。

その後パワーアニマルの象徴等の説明をしてもらい、最後にメディスンカードで改めてパワーアニマルを1匹選びました。
メディスンカードはネイティブアメリカンが作ったパワーアニマルを見つけるためのカードだそうです。
私はこのメディスンカードではヘラジカが出ました。

私の観たパワーアニマルの力や性質は下記参照(ネットで調べた情報になります)

・赤いドラゴン 
守る、火と関係がある、思考と思考の間に住んでいる、
世界と世界を移動する、宇宙が発生した時からのエネルギー、
赤いドラゴンは地球の中心に眠っている、
勇気、くるみが好きらしい、等

・馬
パワー、人を手伝う、等

・ヘラジカ(Moose)
自尊心、北にいる、パワーが強い、シカの柔らかさと強さの2面性がある
戦士みたいなエネルギー、好きなこと等を描いたり書いたりして表現する、
人を誉める、頑張ってと応援する、等


そういえば赤いドラゴンとフェニックスって姿がちょっと似てるね。
赤くて首が長くて翼があるあたりとか。
関係あるかどうかは判りませんけど…

これを書いたりネットでドラゴンのことを調べたりしてる時に、
そういえば私ドラゴンフルーツ超大好きだったな〜とか、
辰年だな〜とか、
学生時代にドラゴンの女の子が主人公の漫画大好きで自分でもドラゴンの女の子の漫画真似してノートに描いてたっけ…とか
ドラゴン大好きで描くのが凄い上手い友人がいるなとか、

意外とドラゴン昔から好きだったり縁があったのか、ということに気づきました。

白馬はすでにモニターセッションや自己ワークや瞑想でしょっちゅう御世話になっているので
きっと今はこの子が一番周波数が合うのかな〜と思っています。
ドラゴンも認識したのでこれから色々きっと接触する機会が増えてくるはず。
宜しくね、という気持ちで今日は祭壇にクルミをお供えしてみました^^


エリザベスが自分のパワーアニマルに関係するものを持つのが大事と言っていたので
(繋がりを強める為だと思われる)
置物とか身につけられるものとか私にとって最高最善のものがうちに来てくれると嬉しいな!
posted by えみ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48337411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック