2012年01月17日

鳥好きの集いオフ会と象とドッキリ

今日みた夢は初めは鳥好きの集いオフ会に友人夫婦と私と夫で参加するという夢でした(笑)

ああーこういうオフ会に参加したかったんだよねーとしみじみと嬉しそうに浸っている夢の中の私。
そして気付くと鳥好きな人達と皆で船でどこかへ移動することに。
移動してる場所が昔の私が住んでいた家の付近の道路で、そこが洪水によって川のようになっていました。

道に沿って船で進んでいくと、途中の細い道のところに制御不能の象が突進してくるのが見えて、
うわっどうしよう!?って思ってたら道の脇に座ってたおばさんみたいな人が象を押さえ込んでくれました。

うわー今の内に通らせてもらう!と細い道を抜けるとその先には狂った制御不能の子象が前足2本で逆立ちしながら走ってきて船の脇を通り過ぎていきました。(こう書くとギャグにしか見えない)

それと同時に遠くの空に苦しんでいる象が3頭、1頭は逆さまになってて残り2頭は後ろ足2本で立ってるような姿でどこかにぎゅうぎゅうに閉じ込められて苦しんでるのが見えました。
その姿があまりにも苦しそうで、近くの人に
ねえ、あの象みえたよね?と確認してしまいました。

その後1本道を船でひたすらすすんでいくと、上空の薄い青空に雲のような白い細い線が徐々に何かの模様を描き始めました。
花みたいな幾何学模様みたいな魔方陣みたいな?
その模様が描き終わると、その模様の中心からズドーン!と丸い巨大な玉のようなものが落下してきました。

大きさは多分直径30〜50メートル位?
そして半分から上がパカッと開いて、

おつかれさまでしたー!ドッキリでーす!!
って何人もの人とか獣の姿のきぐるみみたいな人とかとにかく沢山でてきて、

どうも自分達はここに来る前に記憶を消されててどう行動するかを観察されてたらしい、
みたいなことを悟りました。
そして何故かその後ご褒美にその場で豪華回転寿司をふるまっていただくという
オチでした(笑)

私が選んだ特大赤みマグロは消しゴムみたいな固さですんごい食べるのがしんどくて途中で残してしまいました(笑)


何だか鳥好きの集いだったりご褒美だったりの部分はいい感じがするけど、
間の洪水とか象とかがなんとも微妙な変な夢だったのでした。


起きてから夢診断とかでしらべてみました。
色んな場所からの無許可転載ですがご容赦下さい。

象:力強さ、勇気、自信、誇り、豊かさ、財力、潜在能力、頼りになる味方などを表します。
ゾウの夢は、暖かい家族の愛情に包まれていることを意味します。
またそれと同時に、「家族への感謝の気持ちを忘れないで」という警告の夢でもあります。

象が暴れている…ノルマやプレッシャーがきつい時。健康管理の必要性。

象から逃げる・象に追われる…上司や権力者からの圧迫や圧力。自己の力を出し惜しみしてチャンスを逃す。自身の内的衝動や強さを怖れている。

ゾウに追われる夢は、力を持つ存在から圧迫されていることを表わしています。あるいは、自分の心のうちをのぞくことを恐れ、逃げている状態であることも考えられます。


船:夢に出てくる船は人生を象徴していて、船に乗り合わせた人たちは、人生に深くかかわる人たちです。

船が出港する夢は、新たな可能性が開ける暗示。

うーん乗り合わせた人達は旦那さんと友人以外誰かわからなかったなぁ・・・
でも小型船舶並みの大きさなのに結構沢山のってました。

象の方は今漫画のアシスタントのお仕事をしているからかも。
仕事はじめたとたん食事がおざなりになってるからもっと管理しろってことかもしれませんね。

しかし初めてのドッキリが夢の中というオチになりました。
posted by えみ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53140919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック