2013年06月30日

アーティスティックワイヤーの変色劣化についての考察

今日、お昼過ぎにご近所の奥さんに頼まれていたブレスレット用のゴムを渡しに行ってきたのですが、
その時に以前プレゼントしたピアスの金具部分が変色してしまったという事で見せて頂きました。

そしたら、アーティスティックワイヤーで制作した装飾金具部分が緑色に変色していました。
プレゼントしたのは大体1か月半から2か月前位。
私も同じ色のワイヤーで1年以上パールのペンダントを外出する時につけていますが、
こんなに変色劣化していません。

お風呂に入る時には外していたというし、ぶら下がるタイプのピアスなのでそもそも肌に触れる機会というのもあまりないと思うのですが、
こんな短期間でこんな風に劣化したのを見たのが初めてでびっくりしました。

ペンデュラムでエネルギーを調べてみると、物凄い逆回りに回りました。
相当波動が低くなってるみたい。
私がプレゼントした当初は一番良い状態に波動調整してお渡ししたので、
かなり疲れ切って帰ってきたのね。
もう調べてる最中にすでに私も息苦しくなってきちゃって、やばいやばいって思い、
とりあえずアルミホイルでぐるぐる巻きにしときました。

むしろこんな小さい石で息苦しくなってくるんだから、やっぱり大きい石で疲れ切ってるやつとか、
ネガティブなエネルギーを帯びてるやつとかに気安くさわっちゃあかんなぁと再認識。

今回の件で分ったのは、アーティスティックワイヤーの金属部分が劣化する原因は、
汗とか湿気とか、使用したことでの摩擦や自然な錆以外に、
エネルギーによる劣化もあるのかもしれないって思ったことでした。
確定ではないけれど、もしかしたらそういうこともあるのかもって。
なんせ初めての経験なので、他に情報が欲しいところです。

でも実物を見る限り、相当波動が低くなってしまっていること、
金属が劣化変色していること、
お渡ししてから2か月たっていない事、
辺りを考えると、やっぱり自然劣化としては早すぎなんじゃ?
と思ってしまうのです。

でも、変色したからこそ使うのをやめて私に相談してもらえたので、
そこら辺は調整する必要があるから教えてくれるサインになったんだと
思えばいいのかもしれませんね。
あと、こんな風になるまで信頼して使ってもらえたことも嬉しいなと思いました。

また新しく金属部分を作って、浄化調整してからお渡ししようと思います。

アーティスティックワイヤーの作品で、購入してからあまりにも早い時期に劣化してしまった場合、
湿気や汗にさらされて続けていないか、使った後軽く布なので拭いたりとケアしているか、
等と合わせて、自分の波動が落ち込んでないかとか、周りの環境がちょっと雑になってないかな?
とか、そういう部分にも目を向ける機会になるかもしれません。
posted by えみ at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アクセサリー
この記事へのコメント
たいした思い込みの強い方ですね。スピリチュアルかぶれもここまでくると病的です。
Posted by ルナ at 2013年12月31日 18:50
ルナさんコメントありがとうございます。

ルナさんがそう思われるのでしたらそれでよろしいと思います。
Posted by えみ at 2014年01月29日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70240576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック