2013年08月22日

シータヒーリングのセッションを受けてきました 続き2

セッションを受けたその後の経過になります。
前の記事の続きでもあります。

私が自分自身の聖域になると思い至ったきっかけになったのは、
練馬区にある神社の御神木と対話した時でした。


その日、7月に入ったばかりの頃にバイトの出勤途中で発作を起こしました。
途中で電車を降りて、その場に居たくなくて練馬まで戻ってきてしまいました。
30分以上たっても発作の不安がおさまる様子が無く、泣く泣く出勤を断念して、
そのまま練馬にあるかかりつけの心療内科に診察に行きました。

医者に行ったのはいいけど、気功で気の循環等を整えてくれるだけで、
私のバイト先へ行けなかったショックや、発作が起きたことでの外出への自信喪失などについては
軽く話す程度で時間が終わってしまい癒されませんでした。
発作を起こしたことがほんとうにショックで悲しくて、その苦しみを聞いてもらいたいのにそれはしてもらえなかった。

落ち込みながら駅に向かう途中で、ふと神社に行こうと思いつきました。
そして薬で大分落ち着いてきてはいたけれど、ショックで胸が締め付けられた苦しい状態で
ひたすら我慢して神社へ到着しました。

鳥居をくぐって神社の御神木を見た途端、
何とも言えない空気というか、例えるならば母親に迎えられた子供みたいな気持ちになったというか、
私は涙が抑えられなくて木の横で号泣してしまいました。

泣きながら心の中でひたすらショックだった今日の出来事をいいました。
変な話なのですが、医者に聞いてもらえなかったから私は近くの神社の御神木に言いたかったことを
話し続けたんです。
シータヒーリングでセッションを受けて、しばらく発作も起きなくて気持ちも明るくなってきてたのに、
もう通勤する自信が持てないことも、苦しくて辛いことも、医者が自分と向き合ってくれなかったショックも、全部全部話しました。
そして落ち着いたころに御神木が私に話しかけてくれました。

辛くて誰にも言えない時、私が貴方の魂の安らげる場所となりましょうっていってくれました。
本当にお母さんと話してる子供みたいな感覚でした。
そしてこうもいわれました。
貴方が今までやってきたことは決して無駄ではない、
少し躓いた位でなんですか、貴方にはこれからもずっとチャンスはあるのですよ、
と言われました。

他にもセッションを受けてエネルギーが変わっても、それが肉体に反映するまでには
少し時間がかかるのだともいわれました。
他にも色々話をききました。今の感情をしっかり味わうことが今ここで出来ることです、とか、
自分の周りに境界線を作る方法とか。

会社を安らげる場所にするにはどうしたらいい?って質問には、
近くの神社や会社の神棚の神様と交流を持ちなさいっていわれました。

最期に木に泣きつくなんて変かな・・・?と聞いたら、
他人の評価よりも、貴方がどう生き、どう感じ、どう学ぶかが大切ですよって言われました。

そんな対話が終了した時、気づいたら発作はすっかり収まっていました。
それからしばらくはやはり体調が安定しませんでしたが、最近になって大分発作は落ち着いてきました。

まだ苦しくなったり不安になったりすることもあって、鞄の中も食べ物と水を常に持ち歩いているけれど、
この前ふっと、
あれ?もしかしてパニック障害、治ってる?って思ったんです。
よく分らないけどそう思った瞬間がありました。
もしかして苦しくなるのも余韻みたいなもので、本当はもう病気自体は治ってるのかも、と思えたのです。

少なくとも会社にバイトに行くこと自体が前よりも楽になってきました。
会社の近くの神社にも出社する前に必ず寄って、ここまで出勤して来れた感謝とご挨拶をしたり、
会社に一人だった時にこっそり会社の神棚の神様にご挨拶もしました。
慣れてきたせいもあると思いますが、最近は会社での居心地が結構よいのです。
安心して仕事が出来るという感じです。

そんな風に発作を起こした後も外へ出ていけていることに感謝するばかりです。
この恵まれた環境に感謝します。
私と関わってくれている人たちに感謝します。

ありがとうございます。
posted by えみ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72965860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック