2011年03月16日

笑顔でヒーリング

昨日は大分震災の気持ちも落ち着いてきたので数日振りに練習をしました。

震災翌日の朝にも明け方の夢と現実の境で何故か私が川を泳いでいて、どこかの離れの茶室みたいなところにあがるとイシスらしき人がきて私に勇気を与えてくれたような気がしました。

そして昨日は久しぶりにイシスを呼んで、震災が怖いことを伝え、これから何をしたらいいかを聞きました。
怖いってイシスに言ったら涙が止まらなくなって、癒してくれているのか、それとも怖いという気持ちをやっと受け入れて泣く事ができたのか・・・。震災が来ても怖いとは思いつつも涙が出ることは無かったので。

そして何をしたらいいの?という問いかけには、
「笑顔でいなさい」でした。
貴方が笑顔でいることで周りに勇気や元気を与えられる、そんなイメージだったように思います。

でもその時はこんな怖いのに笑えないよ、どうしたら笑えますか?と聞きました。
すると貴方にも周りにもヒーリングしなさい、と。
そして貴方の好きなことをやって祈りなさいと感じました。

実際にイシスからのメッセージだったのか、自分自身からのメッセージだったのかは判断できませんが、
このメッセージを受け取ってから、辛いときだからこそ悲壮な気持ちを払拭するために、私は心からの笑顔で他の人たちに接したいと思いました。

そしてチャネリングの練習を終えてからそのまま地のマントラの祈りをしました。
私に出来ることを私のペースで祈りとヒーリングをしていこうと思います。

皆さんに笑顔が戻るよう、私も笑顔でいつづけます。

愛と光を込めて。
posted by えみ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング

2011年03月11日

イルカの影響

いつも御覧戴きありがとうございます^^

そういえば!と思ったことを思い出しました。
先週までのマスターがイルカだったときのお話です。

イルカとワークしている週に友人が我が家に泊りに来たことがありました。
その時に交換セッションで珍しくビジョンが見えたんだよ〜と話したら、
その部分だけ私もやって!と言うことになり、闇の契約についてのあたりをスピクリの
エネルギーでクリアリングしていました。
そしたら、

「人を憎んだっていいじゃない、人間だもの」 (みつを)

的なメッセージが来たんです。
何かちょっとおちゃらけたかんじというか、そんな感じでした。
その時は何か判らないけどこういうのが来たよ、なんて話して終わったんですが
後日エリザベスのチャネリングセミナー5回目の時に、
イルカは笑いや楽しくすることでその人の波動を上げてくれて、そうすることによって
マスターや他のガイドがエネルギーを入れやすくなるのよ、なんて話をして下さいました。

それを聞いた時にその「みつを」の言葉を思い出して、
ああっあのメッセージはイルカの影響だったのか!と思わず納得してしまいました(笑)
だからあんな憎むという感情を軽いメッセージで伝えてくれたんだなーと。

イルカとワークすると楽しくて仕方が無い、なんてことは無かったけど、私もしっかりとイルカに影響されていたみたいです。




余談ですが
このイルカと波動の話を聞いてからライトノベルや特にさらっと読める日常四コマ系の作品に対する見方が少し変わりました。
何も考えずに読めて楽しい気持ちでいられるからこその、その作品の役割があるんだなって。

前もって自分の事は棚に上げておきますし、批判しているわけではないと言うことをご了承下さい。
私は今まで何でこんな中身の無いゆるゆる日常学園生活モノばかり人気が出るんだろう?って実は不思議に思っていたんです。
どの作品も同じように見えるし、1巻読むと何か読む気がしなくなって止めてしまう。
だけど皆そういうのが大好きでアニメにもなって同人誌でも大ブームになったりして。
勿論作者の方達は苦悩して描いていらっしゃるという事もわかっています。
だけど正直理解できませんでした。
何も考えずに読むだけじゃただの暇つぶしだし、読むことによって何か得るものがあるの?と。
もっとすっごい泣ける漫画とか考えさせられるようなものも沢山あるし、面白い漫画が何でアニメ化しないの!?って思う事もよくあります。

でもエリザベスのイルカの話を聞いて、ああそういう漫画は波動を軽くする為の役割なのかも。と思ったんです。
エリザベスが良くいう言葉の一つに、チャネリングはある意味バカな方が出来るようになる。というものがあります。ある意味バカみたいになって何も考えない方がガイド達がエネルギーやメッセージを入れやすいのです。

だから今はこういう作品が世の中に必要とされていて、人間全体の楽しい波動を上げるための役割をしているのかも…なんて。
そうすることで彼らのガイドが波動が上がったところに何かサポートをしてくれてるのかな〜とか思ったんです。

漫画にそういう役割があるかも知れないということすら考えたこともありませんでした。
映画や他の本にしても、これからの世界のあり方、常識を少しずつあたりまえのもののようにフィクションから浸透させていく、そういう役割をしている作品も沢山ありそうだなと思いました。

ライトワークやエネルギーワークをしていなくても、そういう日常の中にも気付けば何処にでもそういう役割を持ったものがあるんだな、と感じた出来事でした。
posted by えみ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング

2011年03月01日

赦すということについてその3

月曜は朝夫を見送ってからチャネリング練習開始。

まずイルカを呼んだ時に、昨日までのお礼をしました。
赦しについてのサポートをずっとしてくださっていたからこそ、
昨日の交換セッションでの気付きがおきたのだと思います。
感謝を送ると涙が何故かぼろぼろと出てきました。
人を赦すことは自分を赦す、自由にするということでもあるということへの気付きと体験は
今までにしたことの無いとても素晴らしい体験でした。
そのことに感謝し、改めてマスターという存在はどのマスターでも個性はあれど、
愛そのものなんだなぁと思いました。

私達のどんな人間にでも、私達のスピリチュアルの成長のために平等に手を差し伸べサポートをしてくださる、そんな愛の存在です。ただ、私たちが彼らを受け入れ成長の為に行動するかどうかです。

正直なところ、イルカは6次元のマスターだと言われても、イルカはイルカさんだよね?という認識でマスターと思ってはいたんだけど楽しくなるためだけのマスターみたいなイメージだったんです。
ごめんなさい!
イルカも素晴らしいマスターでした。私の成長の為におしみないサポートをしてくださって、色々なメッセージやアイデアを日常に込め、私を導いてくださいました。

今日は以前エリザベスに教えて頂いた瞑想法で階段の先の専用の建物の中でイルカの夫婦?2匹と
一緒に泳いだりして遊んでしまいました(笑)
私上手く一緒に泳げなくてヒレにつかまってましたが。


その後のメッセージなのかはよく判らないのですが、
ぱっと自分が作ったアクセサリーを画廊のような場所で展示している光景がみえました。
ネックレスを綺麗にみえるように壁に飾ってあったのが印象的でした。
あー画廊でアクセサリー展示っていう方法もあるよね〜なんて思ったのでした。

あとクロッキー帳に思いついたものをどんどん書き留めていく自分の姿。
こちらは自分でも日常的によくやることなのでアイデアなのかどうかはわかりませんが。

そしてこの日来たメールで天然石の卸をやっていらっしゃる方に直接石を見せて貰いたいというメールを送っていた返事で、3月にアクセサリーのグループ展があるから御会いするのはその時はどうですか?というお返事でした。
行きます!と二つ返事で返しましたが、今この日記を書いてて思ったのはもしかして、自分が個展をやるという意味ではなくてこのアクセサリー展のメッセージだったのかな?
もしくは参考になるから行って来いとか。
どちらにしてもサポートを今週もしてただいているみたいです^^


最後に、人を赦すことについて。
私の場合は友達が赦せませんでした。不安障害になるほどの酷いメール、
もう話したくない、会いたくない、同じ場所に居たくない、
でもとても気になってしかたがない。

・ヒラリオンから「彼女を赦しなさい」と言われ、赦すと言うことについて考え始めました。
・イルカに「赦すとはすべてを受け入れることだ」と言われましたが理解できませんでした。
・キリストに赦せない、どうしたらいいと聞くと「愛しなさい」と言われました。
 彼女の事は愛せない、と言うとハートにエネルギーを送ってくださいました。
・それから彼女に無条件の愛、私からの愛を送れるようになりました。
・スピクリ交換セッションで「赦すことができる」ようにエネルギーを送っていただき、内観し、
 赦すことへの気付きを体験しました。

・友人はかけがえの無い存在だったことを認め、ただ今は別の道を行くことになったことを受け入れ、
 別の路へ行きたくなくて、でも一緒に進めないのも判ってて赦せない自分がいて。
 だけど彼女を赦す前に自分がもう彼女に固執しなくていいんだということを認め、違う道へそれぞれ
 歩いていくことを自分に赦しました。
 そしたら自然と彼女の事も赦せたような気がします。むしろ赦せなかったのは自分自身でした。 

・今現在1日しか経ってませんが、その友人に会いたくないという気持ちも少し薄れ、
 彼女がいるから私は好きだったことが出来なくなったという思いを手放せたようなきがします。
 今までの頑なな会いたくない!話したくない!という気持ちは消えました。
 痛い目をみればいい!私にこんな酷いことをしたんだから自業自得だと思っていた時期もありました。
 この気持ちから赦せないという気持ちが浮上してきたのでした。

 もう少し時間は必要かもしれませんが、近いうちに友人に会って手紙を直接渡そうと思います。
 心から話すことが出来た愛すべき友人へ、今一度心からの愛と感謝を送ります。

マスターのサポートもありましたが、内観だけではここまで早い気付きはおきなかったように思います。
やはりスピクリは素晴らしいなぁと思いました。


サポートをしてくださるすべての存在に感謝です♪

そしてこのブログを読んでくださる皆さんにも感謝致します。
posted by えみ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング

2011年02月25日

赦すとは・・・の続き

いつも御覧頂きありがとうございます。

人を赦すということがやはりわからなくて、昨日近くの教会まで勇気を出していってきました。
教会に1人で行くなんて初めてで、何かしきたりがあるのかなぁ・・・?等と思いながら行ってみたら、
中はもぬけの殻。平日昼間は人がいないものなのかな・・・?

でもドアは開いてたので、おじゃましま〜す…とそっと中に入って、(本当は入っちゃいけなかったらゴメンナサイ…!!)
教会の椅子に座らせて頂いて一人チャネリング練習をしてきました。
今日だけどうしてもキリストからメッセージを貰いたかったんです。
そのために教会へ行きたい!と。

基本クリアリングとプロテクションを終えた後、キリストを呼びました。
何か両手にかすかにぴりぴりしたかんじがするけど、凄い希薄な、すっごい遠くに居るような
感じです。
そして、私は人を赦すということが判りません、どうしたらいいでしょうか?と聞いてみました。
そしたら一言

「愛しなさい」

というメッセージを頂きました。隣人を愛せというようなイメージというか言葉というか。
でも彼女のことは愛せないと言うと、胸の辺りをそっと押されたような感覚とともに
涙がぼろぼろと出ました。
それ以外にはメッセージは何も来なかったんですが、その一言でなんだか気持ちが少し前向きになりました。糸口がつかめたような。

そして今まで感謝のエネルギーを送るのを躊躇していたというか気が進まなかったんですが、
初めてちゃんとシータヒーリングで想像主にコマンドして無条件の愛を彼女に送ることが出来ました。
愛を送っているうちに何かが判って来るかもしれない…
そう思いました。

教会を出るまで結局誰にも会いませんでした。
他の人に会うためじゃなくて純粋にキリストに会いに行くためだけの時間だったのかも。
場所を使わせていただいてありがとうございます。


そして次の日の今日、チャネリングの練習の時に、イルカにふと神の無条件の愛ってどういうもの?と
聞いてみました。

そしたら
「ただそこにあるものを受け入れること」
そんな感じのメッセージでした。言葉で上手く伝えられませんが、神の無条件の愛とはただあるもの、
肯定も否定もないただあるがまま、という感じでした。
愛が大きすぎて感じられないほどに当たり前に思っているものが実は神の無条件の愛なのかなって。

ああ〜なるほど!なんて思いました。まさに神の愛とは自然そのものとかそういうことなんですね。

そして人間における無条件の愛とはどういうもの?というのも聞きました。
そしたら
「奉仕」
という感じのメッセージでした。
人間にとっての無条件の愛とは奉仕することだと思っている人が多いということかもしれません。
奉仕自体が悪いわけではありません。
でもそれが義務になっている人もいる、
そうなるとそれはもう人間にとっての無条件の愛ではなくて、エゴだったり束縛や契約になってしまうのかもしれません。

というか神と私達人間では無条件の愛という観点や定義自体が違うということがなんとなく判りました。

その後に愛するっていうのはどういう感じがするか教えてとイルカに聞くと、
涙がばーっと出ました。
無条件の愛と、愛することの違いは、そこに感情があるかどうかなのかもしれません。

そこで今日も絶縁した友人に私からの愛のエネルギーを送りました。
神からの無条件の愛だけではなく、今日は私からの愛を。

チャネリング練習の後、そのままシータで自分のインナーチャイルドワークをして終了。
近いうちにソウルフラグメントのワークもまたやろう。

これらの気付きをもたらしてくれた全ての存在に感謝します。
posted by えみ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング

2011年02月23日

今週のマスター

一応毎日チャネリングの練習はしているのですが、中々日記に書く機会がありませんでした。

特にメッセージを受け取れることがあまり無くて(笑)
でもそれでも日々の日常の中に多分メッセージを降ろしてくださっているのだろうなぁと観じています。

時計をみるとゾロ目だったり、今週のマスターはイルカなんですが、イルカの置物を見つけたり。
買おうか悩んだんですが、なんとなく買いませんでした。あまり気に入った石ではなかったからなんですが…
折角ならアクアマリンでイルカ作ってくれればいいのになー…

あとは赦しについて話を聞きたくて近くの教会に行ってみようかしら?なんて思ったりもしています。
思ってたらものみの塔の勧誘員がさっきパンフレットをポストに入れて行きます。なんて来ました(笑)
別に宗教に入りたいわけでもないし入るつもりもないですが、
私はもっと色んな情報を知りなさいということかもしれません。
漫画とゲーム以外興味が無かった上に、漫画好きと言っても興味のある漫画しか知らないからあまり漫画のことすらも知らない。とにかく興味のあるもの以外の情報はシャットダウンして生きてきたのです。

話がそれました。

イルカと瞑想をすると両手にぴりぴりした感覚と少し風を感じるのでエネルギーは感じる気がするけど、メッセージが受け取れていない感じ。
でもイルカに人間を赦すっていうことが判らないんです、と聞いた時に何故か涙が止まらなくなりました。
この涙の意味は判りませんが、もしかしたら赦すってこういう感じなんだよって体験させてくれたのかもしれません。

そしてイルカに赦しについて聞く前に何故か絶縁した友人の家に自分で書いた手紙を持って
直接会いに行くシーンが見えました。
瞑想中だったけど、「こんなのありえない光景だ」って否定しました。
でも…自分でもありえないと思えるこの光景…これが実行出来たら…
もしかしたら何か変わるかもしれない…。と思いました。
実際会っても話をしたいと思わないけど、向こうは直接散々言いたいことがあるかもしれない…。
それを言い訳もせず、否定もせずただ聞いて受け止めて向こうの気が済んだら、今までありがとうございますって直接いってお互いお別れ出来たら今のこの心のわだかまりもお互い少しは解消できるのかなぁ…?
なんて考えてしまいました。


そしてたまに瞑想中に寝そうになっていると右手の甲を冷たいエネルギーがピチッと軽く触れるのが
なんとなく面白かったです。起こしてくれてるみたい(笑)
posted by えみ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チャネリング