2011年10月27日

夢の中で掘り下げやってたこと

前回の日記にも書きましたが、夢のなかでシータヒーリングの技法を使って
掘り下げとリーディングをするという不思議なゆめをみました。

場所はどこかの森の中にある古めの木造っぽい学校。
理科の実験をやるような教室で友達の女の子二人と何かを話している場面から始まりました。

そしてそこのタイミングで突然私が友達の話しだか悩み?だかについて思考の掘り下げを始めたんです。
「なんでそう思うの?」とか
「そう思ったら最後はどうなると思う?」とか
そんな感じで聞いてると、友達が段々落ち着きがなくきょろきょろしはじめ感情的になってきました。

私は「あ、もしかして思考の土台が近いのかも(問題の核心に触れると相手は感情的になったりします)」
と思って相手の原因をシータでリーディングしました。

そこで見えたのは小さい女の子がおばあさんと手を繋いで一本道を歩いている後姿でした。

そして気付くと回りに友達は居なくなり、見えたことを伝えようと急いで違う教室へ走っていくと
私のことを避けるような目で見つめる友達二人が居ました。

そこで夢は覚めてしまったのですが、
覚めてから、
もしかして今のって自分の事だったんじゃね?…と

よく自分の事を知っている人に置き換えて問題を提示してくる、なんてこともあるみたいなので
筋反射チェックで思いつくものをチェックしたりしてみました。

どうも過去世の自分?だった感じがして、
小さい女の子はその時に母親から捨てられたらしい私でした。

自分は母親に捨てられてて、母親に捨てられた私なんて、
私は生きている価値が無い
私は生きている意味が無い
という思いが入ってしまっていたみたいでした。

それらをシータで癒し、新しい感覚感情をDLしたりしたりしました。


まさか夢の中でシータ使うなんて思ってなかったので
面白い体験でした。
まぁ寝てるんだから脳波もシータにさぞなりやすかっただろうな〜なんて(笑)

それにしても前に出てきた
自分の人生は無価値、とか(あ、この内容はまだ書いてなかったので後日書こうと思います)
自分に失望している、とか
今回の
生きている意味、価値が無い、とか

どんだけ自分を否定する思い癖が入ってるん(;´д`)


この期間にわんさか気付けてよかったと思います。
posted by えみ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記

2011年10月24日

悪夢の新しい視点

最近面白くて拝見しているブログがあるのですが、そのブログの過去記事に悪夢の正体について書かれているないようがありました。

悪夢の正体って実は守護霊かもしれませんよっていう内容なんだけど、
私達が日夜恐怖と対峙できる精神を育むために悪夢をみせてるのかもよ?という感じらしいです。

この記事を読んでて思い出したのが、小学生辺りの時にやけに生々しい悪夢を観たな…ということでした。
多分小学生高学年辺りだったか、一時期定期的に見ていた悪夢がありました。

悪夢というか金縛り?みたいな感じで、
夢うつつな感じで気付くと真っ暗な暗闇で身体が動かなくて声もでなくて。
怖くても何も出来ない上に、更に両肩を誰かが両手で押さえつけて
私の首筋に息を吹きかけるんです。

そして暫くすると金縛りが解けて目が覚めてみると誰も居ない。

そんなことが何回か続きました。

でも不思議なんですが、その金縛りに合う度に慣れなのか少しずつ動けるようになっていくのです。
初めは身じろぎぐらいだったのが、ちょっと声を出せるようになりはじめ(多分実際声はでてないのですが)
そのうち手が動かせるようになりました。
それと共に恐怖心も段々薄くなっていきました。
手が動く位になると気も大きくなったのか、もうどんとこーい!
という気分になってまちかまえてたのを思い出します(笑)

そして手が動かせるようになった時に両肩を押さえつけてる相手の指を握ったことがありました。

ハっと目が覚めた時に握った相手のひとさし指(多分)の感覚がまだ手に残ってたのを覚えています。

それから間も無くして、さすがに同じ金縛りというか悪夢を見るのにうんざりしたというか
頭にきた私は、
その金縛りにあった時にぶちきれて、

「いい加減にしてよ!!」

…と、顔も見えない悪夢の相手にたんかをきったのです。

なんと、それから同じ悪夢(金縛り)を観なくなりました(笑)

この当時はこれが何だったのかも全然興味も無くそれきり日常に戻ってしまったのですが、
もうちょっと後になって改めて
「あれってなんだったんだろう?」って思い出してみると、
もしかして悪霊みたいなのにとりつかれてたの?
だけど気合で追い払ったのかしら?とかその程度に思っていました。

そして今日読んだ方のブログに守護霊がそういうことして鍛えてるんよ。
という内容が書かれていて、ああーあの金縛りってそういうことだったのかも…なんて
思ったわけです。

そういう視点で過去の悪夢や追いかけられる夢を思い出してみると、案外そういう部類のものも少なくないのかも…と思いました。
黒尽くめでサングラスしてるSP風の男から必死に閉店後のデパートの中を逃げる夢とかも多かったんですが、
いざ捕まるという瞬間になると相手が捕まえるのを止めたり、私が逃げるのを諦めると追いかけてこなくなったりすることがありました。

何だかそういう風に考えながら昔の悪夢を思い出してみると結構面白いです^^

そんな昔の悪夢を新しい視点でみることが出来るようになれたブログとの出会いに感謝です。
posted by えみ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記

2011年09月21日

首のうしろ

何だか不思議な夢を先日みました。

内容は殆ど覚えてないのですが、自分達に害をなそうというような感じがする人間がいて
私は必死にその人に抵抗しながら他の人と逃げていました。
追いつかれた時になぜか私は首の後ろを手で押さえて守っていました。
以前首の後ろから邪気等が入るから気付いたら何かでふさぐといいよ、と教えていただいてたのを
夢で何故か実践していました。

だけど相手が一枚上手だったというか、腕を上げて首の後ろを押さえていたその両脇を思いっきりくすぐられたのです(笑)
あまりにも不快というかくすぐったくて思わずガードを解いてしまったのでした…
その間に他の人たちは行ってはいけない方向へ去ってしまい私だけが残されたのでした。

そこでハッと目が覚めたのですが、目が覚めた時にまだ両脇をおもいっきりくすぐられた
あの不快な感覚が残っていて変な感じだったので、寝ぼけながらスピクリを流しつつ
また眠ってしまいました。


夢の中でくすぐられて起きてもその感覚が残ってたというちょっと不思議体験。
posted by えみ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記

2011年08月25日

金のりんご

今日は不思議な夢をみました。

寝る前にアダムとイブの話が出てくる本の一節を読んだからなのかもしれませんが、夢の中で金のりんごを食べる夢を観ました。

しかも直径20センチ位のでっかいりんご。
そこへ行くまでにはドロドロの泥の中をはだしで歩いて登って、綺麗な白い建物のところまで這い上がって行くと、台座のようなところに金のりんごが置いてあり、その脇に守護しているらしい大きな獣のようなものがいました。
私はその獣に気付かれぬようにそっと金のりんごを取り、一口かじりました。
りんごを見るとそこには私以外の誰かがかじったらしい跡が残っていました。
その時に獣が気付きこちらへやってきます。だけど私はりんごをかじったことで何か新しい能力に目覚めて、その力で逃げることが出来た。

そんな感じの夢でした。
久しぶりにメルヘンちっくでした^^


最近は昼間とても眠くて昼寝もしているのに夜もすぐ眠くなってしまいます。
何か変化が起こってるのかな?
ここ数日での昼寝のときの夢は大体何か過去がらみなんじゃないか?と感じるものや何かを示唆しているものが大半で、起きた時には何か疲れてて寝た気がしないというものばかりです。
最近は昼寝から起きるとその場でまずシータ波になって創造主に何でこの夢を観たのかを問うています。
大体過去であったことを夢で示唆してたり、そんなことが多いです。

ここ数日は遺伝と歴史関係の過去のクリアリングをよくしているのでその関係で夢に出てきているように思います。
遺伝の抵抗とブロックが何か沢山あることが判ったので主にそこをやっていました。

遠いご先祖様らしき人が名前を私に突然教えてくれるという夢も観ました。
夢の中で鉛筆でメモ書きしてるにも関わらず、スーッと目が覚めたときにはもう書いた漢字すら覚えていないという…
創造主に聞いたら名を教えることで私に許可を与える、ということだったみたいです。
名前を教えることはゆだねることと同じこと、みたいな感じと私は受け取りました。

ご先祖様も少しずつ解放されてきてるってことなのかな。

posted by えみ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記

2011年07月10日

不思議な床上浸水の夢とその他3本

久しぶりの夢日記。

今日は不思議な床上浸水の夢を観ました。
友人数人と私の家へいくのですが、玄関前に行くと家の中にだけ水が150cm位溜まっているのです。
そしてその家は私が今世で住んだことのある家ではありませんでした。
だけどそこが自分の家だとわかっていて、ゆっくり扉を開けると中から透明な水がジャバー!っと出てきました。

中に入った途端、何故かその家が何かのセミナーを開催する場所に早変わり(笑)し、2階に非難していた母の顔をした人が中古で譲ってもらった白い家具を他の人と配置していました。
そして何故か私もそのセミナーに参加することに。

始めに筆記することがあるからと白い紙を渡されたところで記憶が無くなり目が覚めました。

ちょっと不思議でかろうじてそこだけ覚えていたので覚書き程度に書き留めておきます。

他にも2ヶ月程前に観た夢は、同じ顔のぬらりひょんが超沢山集まっててその中で女の私がみんなの前で演説をする、なんて夢もありましたし(笑)

昔の中国のような土地でマフィアみたいな組織に秘密裏に拉致されて働かされて用済みになったら針を沢山さされて殺された人たちを埋める仕事をする男の子の夢も観ました。
大きな土の穴の中に人を山積みにしていって上から土をかぶせるお仕事。
少年は賃金の良い仕事があると言われて来たようでした。
でもこんな仕事だと思わなかった。
しかも秘密を知ってしまったからもう逃げられずこの仕事をするしかない。
逃げようとすればこの人たちと同じ運命になるのが判っていて、頭がおかしくなりそうでした。
そばには似た境遇の会社員のようなおじさんが同じ悩みで苦悩しているのを見ました。

あともう一つ覚えてる夢は、これも2ヶ月以上前だと思いますが戦中か戦後辺り?もしくは食料が殆どないような時代にコッペパンのような形のパンをひたすら作るという男の子達の夢も観ました。
全員が男の子で、ある日1人の同じ仕事をしてた男の子が死んでいるのを発見するという内容でした。


妖怪の夢はよくわからないのでおいといて、上記二つの過去に見た夢は過去世だったのかな、なんて思ってます。
特に死体を埋める係の少年は被害者にもなれず加害者でもないようななんともいえない立場におかれてて、
その時の頭がおかしくなりそうだという感覚を鮮烈に夢の中で思い出していました。

しかし仮にこれが過去世だったとして、私はこれを観たことで何を自分にワークしたらいいんだろう?
というのが良く判りません。
何故この様な夢を観たのか、メッセージを受け取ったのだとしたら何だったのか?
情報があったとしてもその後の掘り下げの仕方がまだまだ足りないし判らないなぁ…と感じます。

とりあえず今思い立ってシータで創造主にたずねてみました。
すると埋める係の少年の夢は「誘惑」に対する心のあり方、クリアな心で世界を見つめること。
そしてこの過去を癒すように言われました。
コマンドして全てのレベルで解決し完了させてその思いを浄化して光へ還しました。

気になる夢を観た時にはシータで創造主にとりあえず聞いてみる、というのをやるといいのかも。
うんいいこと思いついたなー♪という気分だわ今!
というか今まで思いつかなかったのが私クオリティ。
掘り下げはまだまだだけど、自分で出来る範囲の自己ワークからやればいいんだ。

これからは気になる夢をみたら内容とセットで創造主とのワークも書こうかと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました^^
posted by えみ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記