2011年11月07日

ライトワーク第6回目(最終回)

ライトワーク講座の5回目を書く前に最終回の6回目を受講してきました。

1ヶ月に1度のライトワーク講座でしたが、毎回毎回とても有意義な時間になりました。
沢山の学びやヒーリングをする上での心の在り方、色々な方法を教えていただきました。

1ヶ月に1度だったからゆっくりとその回に教えて頂いたことを次回行くまでに自分の中で
昇華したり、気付きがあったり、色々なアクシデントから学んだりできたんじゃないかと
思います。

昨日の講座では施術する時に知っておくと便利な色を意識したヒーリング方法を教えていただきました。
色の順番等もやはりあるそうで、知らなくても全て宇宙にまかせればそのようになるのだけれど、
予め知っておくとピンポイントでヒーリングする時にやりやすい、というものでした。

例えば頭痛だったらこの色を使うといいよ、とか。

赤の後に青と白を使う、とかそういう感じでした。
これは創始者の方がずっと何千人もの施術をして統計を出した傾向を教えてくださっているものなので、
万人に共通するものというわけではないと思いますが、
とっさにやらないと!っていう時にやりやすいと言うのはあるかもしれません。

それ以外では改めてヒーリングをする施術者(ヒーラー)の心の在り方、自分のケアやクリアリングが
一番大切だということを話したり、この半年近くで気付いたこと等を振り返ってみてお茶をしながら
話し合いました。

私はこの講座に参加して自分の思い癖を考えてみたり、

愛が根底にあるヒーリングと不安や恐怖が根底にあるヒーリングの違いを自分で体験したり、

無条件の愛っていうのがどれだけ自分に影響するかを知り、

それらの自分の心の在り方の違いがどれだけ現実に反映されるかを目の当たりにしました。

他者に嫌われたくないと思う自分の思考に気付いたり、

自分の存在意義の潜在的な思考を見つけたり、

依存に関する思考に気付いたり、

責任に対する思考に気付いたり、

それらの思考がヒーリングをするときのノイズになっていたことにも気付きました。

感謝っていうのは自然に湧き出してくるものなんだということも最近になって
初めて判った気がします。

これらの沢山の気付きはただこの講座に参加したから沸きあがってきたものではありませんが、
この講座に参加しながら日々を生活してきたから加速されたような気がします。

この半年近く、とても気付きやアクシデントや変化が加速度的に早くなってて
10月一杯は殆ど体調不良で寝込んだり辛くて泣いたりしてたけど、
それすらも私へのギフトだったんだろうなぁと思うと感謝したい気持ちになります。
ほんとは辛いの嫌だし病気だって治って普通の身体に戻りたいという気持ちはありますが、
だけど今自分に起こっていることから逃げようとしたり対決しようとしても、
それはただ辛い気持ちが大きくなるだけで解決できないんだと気付きました。

今起こっていることと向き合って受け入れる、その上で自分の人生を楽しめるように
考えて行動すればいいのかな?って今の時点では思っています。

私はまだ2時間毎に食事をして1日7食摂らないとっていうのがまだ受け入れたくない…
もしかしたら他の治療をすれば3食に戻せるかも、血糖値が安定するかも、
なんて気持ちがあって受け入れきれない私がいます。

だけど今現状の私の身体は2時間毎に食べないと低血糖の不定愁訴が出る身体になっているわけで、
しかも10分我慢してだけでも体と精神がもう耐えられない。
食べるのが苦痛だとかいってる場合ではないんですよね。
この経験をすることで今まで知らなかった境遇の人達の気持ちも少し判るようになったと思うし、
食への関心と感謝、敬意も増えたように思います。

少しずつでもこの現状を受け入れて、健康な人と違うけどそれでも私は楽しく快適に生きているとか、
工夫すればこういう状態でも遠出できるとか、何でも出来るって喜びを持って言えるようになれるよう、
少しずつ改善して楽しんでいこうと思います。


こういう風に考えられるようになってきて、昔よりもはるかに気持ちが楽に生活出来ている気がします。


ライトワーク講座に参加させて頂きありがとうございました。
私に沢山の気付きや学び、これからの在り方、沢山の愛を共有出来た事、
皆と一緒にお話しできたこと、
自身の無い私をひたすら認めてくれたこと、

色んなことに感謝します。
posted by えみ at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ライトワーク

2011年08月23日

ライトワーク講座第3回目

8/21はライトワークの講座でした。

19.20あたりからじわじわと何故か身体の調子が崩れてしまい、食事をしても連日発作に近い状態が続いていました。
気圧が安定してないからかなー?とかホルモンバランスが崩れてるからかしら…と思っていたのですが、
当日現地に着くまでに結構ヘロヘロになってしまい、みのりさんにお話を聞いていただきました。
すると結構皆さんこの期間に個人的な課題が浮上してきているのだと聞き、私もその波に乗ってるのかもー…などと思いつつ、ただ何となくそこらへんの話をしていたら理由もなく涙が止まらなくなりました。

今までは気付いてなかっただけかもしれないけどこういう体験をする事はありませんでした。
こういう時期を知る術も知らないし多分受け止めるだけの自分もいませんでした。
それが今こうやってそのエネルギーや自分の中で今何かが起こっていると感じられるだけの自分になれたことが何だか少し嬉しいと感じました。
今までは耐えられないから感覚を鈍くして自分を守っていたんですねきっと。
そうやって顕在意識で判らなくても、ちゃんと自分自身を守ってきていたんだなぁと思うと私達ってすごいなと思いました。
ただ、その自分自身の守り方が人それぞれで、その方法が良い悪いは関係なくその人のその時の選び方の違いっていうだけなんですね。

その守り方や結果をジャッジするのではなく、そこから自分の弱い部分、逃げてる部分、何でこれを自分が引き寄せたのか?強くなる必要がある部分は何なのか?
そういうのを冷静に見つめて気付くことが出来るようにもっと考えたり見つめたりすることを沢山して行こうと思います。


話はそれましたが、開始前にそんな話をしました。
小さな気付きではありますが、少しずつでも自分の魂が成長してるんだと実感できたのが嬉しいです。

さて、この日のライトワーク講座はクライアントに施術ベッドに横になってもらって宇宙の叡智を受け取る、という内容でした。
座ったままでも遠隔でも出来るけど、横になってもらってやるのは初めての経験!
まず私が横になって施術を受けてみました。
横になってプラクティショナーが始めた途端に笑いがこみ上げてくる私。
勿論これもエネルギーを受け取っている時のレジスター反応のひとつなのですが、意味も無いのに「わははっ」とか笑い出してしまいました。
あとはオーラーフィールド?をつままれてひっぱられてる感じとか、体に電気が走る感じとか。

このライトワークは全てを宇宙の叡智にゆだねるというヒーリングなので、私達はただ見届けたりそのエネルギーを感じたりするだけです。
そして今その人に必要な最高最善のことが人智を超えた部分で行われているので、そこに私達のエゴを入れないこと。
腰が痛いと言われたから腰を直すように意図する必要は無く、ただ宇宙の叡智をその人に受け取ってもらう。そして最高最善を祈る。
その結果が腰が良くなるかもしれないし、良くならないかもしれない、だけど腰だと思っていたら違う場所が問題でそちらがいつの間にか解決していた。もしくは何も起きないと感じた。

だけど何もおきていないと感じたとしても、それがその人にとって今の最高最善のことだったということになるのです。ちゃんとヒーリングは行われていて、私達の気付かないほんの細胞のひとつだけが変化したのかもしれません。
そこから本人の気付きが始まったり、何かが変わったり、実はこの痛みを手放したくなかったけど本当に直したいと手放したいと思うようになるかもしれません。

ライトワークはそういう自己の気付きを発見するお手伝いを愛と調和を通じて受け取る、そんなワークなんだと私は講座に参加して思いました。

今度は私がプラクティショナー側になり、横になってる人に施術する練習をしてみました。
ライトワークは手のひらを使ってエネルギーを流したり受け取ったり感じたりするワークです。
私はボディワークのようなことは今までやったことが無かったので、この手のひらの感覚というものがまだ発達してなくて感じ取るのに一苦労。
寝てる人のチャクラやエネルギーフィールドを手のひらで感じて、ポイントを見つけて手のひらで変化を観察する。
最初ピリピリ感じてたエネルギーフィールドのある部分が、時間が経つと暖かく感じるようになったり、何かエネルギーのバランスが取れていない部分があったらそこにアプローチしてみたり。
エネルギーが足りないからここに足してやろうとか、そういう私の考えは必要なくて、ただ調和やバランスがとれた状態になるようにお任せしてエネルギーを感じながら観察するだけです。
まだまだ始めたばかりだから本当にこれでいいのかしら?と思う部分も少なからずあるのですが、それでも横になってる人のレジスター反応を見たりすると、ああちゃんと出来てるんだ〜って感動します。

最後にバランスよくなっているか観て終了。
終わった頃には手のひらがかざしてるだけなのに凄い熱くなってました。
もっと長時間続けて練習とかしたいところです。手の感覚を開くにはやはり練習あるのみですね。

講座自体が終了してから、しばしティータイムなどしながら色々皆で話しました。
そしてこのタイミングで5月からずっと言えなかった事を皆とシェアすることが出来ました。
私は話をすることでその人の悪口になってしまうんじゃないかと思っていました。
だけどその場に居た人はただその現実を受け止めて、じゃあそのことは貴方の何が引き寄せたの?という思考の掘り下げの手伝いをしてくれました。

こういう時に辛いと感じている出来事をそのまま打ち明けることが出来て、更にそれは何が貴方をそうさせたのか?という問いかけを私が気付くまで寄り添ってしてくれる、そこに善悪のジャッジをしない。
そういう仲間が居てくれることに感謝しました。

以前に「認められないと自分には存在価値がない」という思考が入っていたということを少し書きましたが、多分その更に下にある思考。
「私は責任をとるのが怖い」というものがその掘り下げで出てきました。

ああー認められたいと思っていたのは自分1人で輝くのが怖かったから。人の光で自分も輝きたいと思っていたから。そうやって依存してる方が責任を取らなくて楽だから。
責任についても課題があることは自覚していたのですが、この認められたいという欲求すらもこのブロックから来ていたのかと点と点が繋がった感じです。

この怖れを手放す為に、色々なものを私が気付くために引き寄せていたということだったんですね。

ライトワークからは大分脱線してしまいましたが、私にはとても沢山の気付きがあった1日になりました。
posted by えみ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトワーク

2011年07月04日

ライトワーク講座第2回目

3日はみのりさんのライトワーク講座第2回目でした。

1回目からこの日までに自己を見つめ直して、どのような思い癖があるのかを見つけようと思っていましたが、いざ自分の都合の悪い思い癖となると中々冷静に自分をみつめられませんでした。
そこで以前他の方がブログで紹介されていた「ザ・ワーク」という本を読んでみました。
この本が丁度ライトワーク1回目の内容の参考になりそうだったのです。

自分の思考を客観的に見つめ直し、どのような考えが自分を苦しめているかを見つけ出し気付きを得る為の本。
という感じです。
事例を読んだりするとなるほどーと納得するけど、いざ自分の出来事に当てはめるとうまく置き換えができません。
それでも何度か試行錯誤しているうちに、一つの事実に気づきました。

ひとつの事例を書き出していた時のことです。
「私は相手に誤解されず理解してもらうべきだ」という考えが出てきました。

だけど、それを本の通りに置き換えてみると「相手の事を私は誤解せずに理解するべきだ」となりました。
それははたして本当なのか?そうだと絶対にいいきれるのか?
考えてみると、100%相手のことを誤解せずに理解することなんて不可能です。

私は自分でも出来ないような考えを相手に無意識に押し付けていたんだ、ということに気づきました。
人の気持ちを100%理解するなんて不可能だってわかっていたはずなのに、そういう考えを持っていたことに気付いたんです。

そしてもう一つの置き換え。
「私は私を誤解せず理解するべきだ」
これは当日その話をみのりさんと話したときに言われたことで気付いた置き換えでした。
この言葉も自分にとてもしっくりきます。
私は私のこと、全然まだ理解していないんだなーって改めて思いました。
これからも自分のことを理解することは続けて行こうと思います。

まぁこの話は講座の前の余談みたいな感じでした。

その後は誘導瞑想をしたり、体のレジスター反応を見て楽しむという実践をしたり他の人とのシェアをしたりしました。
体のレジスター反応は面白かった!
レジスター反応は主に施術者が確認するための手段で、クライアントさんがエネルギーを受け取っているかどうかを確認するのに用いる現象だそうです。
主に眼球の痙攣とか手足が動いたりとか、うしろに倒れたりとかがあります。この反応が起こらない人もいるらしいですが、それでもエネルギーはちゃんと受け取っているのだそうです。

どうもレジスター反応には「笑う」という反応もあるそうで、私は終始よく判らないのに笑っていました(笑)
あとは元々ボディワーカーの方がいらして、すぐにコツをつかんでしまったらしく、その方が手のポイントを移動させると自分の体が勝手に後ろにひっぱられたりしたりして不思議だし楽しいし面白い時間でした。

その間、目を瞑っていると瞼の裏側にも光がもや〜っと見えたり消えたり。
遠隔でも出来るし、自分自身の体に対しても遠隔で出来ると聞いて、俄然テンションが上がる私。
あとは内臓とか体の部位とかに対してもできるそうな。
早速次の日に自分の腰痛に対してやってみました(笑)
すぐ治るとかそういうわけじゃないけど、エネルギーフィールドのポイントをひっぱってみたら自分の体が動きました。面白い!
あとは自分の副腎と調和がとれるようにエネルギーを受け取ってみたり。
そんなわけで暫くは自分が遠隔練習台になりそうです。

あとは無機物や動物にも同じように調和のエネルギーを受け取ることが出来るそうです。
なので天然石のチャージとかも出来るんだって。色々なことに応用できるんですね。

講座の後は残れる人でお茶をしながら色々な話をシェアしたり聞かせていただいたり。
そんなとても楽しい1日でした。
ライトワーク講座、興味がある方はみのりさんのブログを訪問してみてくださいね。
posted by えみ at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ライトワーク

2011年06月13日

ライトワーク講座第1回目

6/12からみのりさんの開催されるライトワーク講座が始まりました。
以前にライトワークの集いに参加した時この考え方やその手法にとても感動しました。

何故ならこのライトワークというのはヒーリングというものを何も知らなかった普通の人が見つけ作り上げた方法だからです。
だから誰にでもやろうと思えば出来る、ライトワークというのはそんな講座です。

初日だった昨日は、まずヒーラー、ライトワーカーとしての心の在り方のお話がメインでした。
ヒーリングは愛からの行動、そこに制限をつけないこと。
可哀想だからとか同情とかそういう不安や恐怖からの思考で行わないこと等。
宇宙への意図の仕方等。

私の例えで言うと、去年親友と決別した際に気づいた、
「どんな酷いことをされても彼女は私にとってかけがえの無い友人だった」
という一文。
この中で宇宙に発信されるのは「私は彼女に酷い事をされる」という部分だけなんだそうです。
いくら嫌なことを言われたりしても嫌いになれず、自分にどんどん制限をつけていき、最後は身動きが取れなくなってしまった。
そういう自分の現実を、結局は自分でそうやって作り上げていたんです。

パワハラとかDVの被害者の考え方も、もしかしたらこの法則と同じようなものなんじゃないかな…?
と、今思いました。
基本は結局「今、私」が何をするのか、したいのか?ということなんですよね。頭じゃわかるんだけど中々難しいです。

多分職業としてヒーラーをされている方にとっては基本中の基本のお話しではあると思いますが、私はお話を聞いて色々思う所、考えるところ、そしてまだ全然判らないところが沢山ありました。

実際私の最近での体験談をシェアした時に、話した本人以外の方には私と相手がどんな学びと体験をしたのかよく理解されたみたいでした。
なのに当の私はいまいち腑に落ちない・・・。
むしろ話してる間に思い出して感情が高ぶって泣きそうになってしまう始末。
説明されたけど、ああなるほど!って思ったんだけど、やっぱりまだ腑に落ちていないんです。
でも今はそれでよくって、きっとふとした瞬間に腑に落ちる時期が来るんだそうです。
それまで心を整理して色々自分の心の癖を振り返っていこうと思います。

振り返って、で自分のブログを少し読み返してみたら、なんだチャネリングでもガイドに散々同じようなこと言われてる!!ということに気づきました。
それから知識として自分で同じようなこと言ってることも沢山ありました。
これらのことが自分で気付きとして腑に落ちないと、ただの知識でしかないんだな〜と思いました。


そして最後にギフトを受け取る誘導瞑想をして頂きました。
始めに宇宙の叡智を受け取る時、何故か脳裏にこの前亡くなったオカメインコさんが出てきました。

誘導瞑想が終わった後、皆でシェアをしていた時にその話をしたら、みのりさんの一言で気付いたことがありました。

それは私の為に卵を産み続けてくれたオカメインコは、まさに私にとって無条件の愛を体現してくれていたんだということに気付いたんです。
彼女のしてくれていた、「だって私がやりたかったからやっただけなんだよ」ということが、無条件の愛そのものだったんです。
だから死んでもあんな幸せそうな顔をしていたんだってことにやっと気づきました。
それに気付いた時に感謝で涙が止まらなくなりました。そしてこれを書いてる今も。

彼女が愛をくれていることは判っていました。だけどこれが無条件の愛というものだということに気付いていませんでした。
彼女は私が気付かなくても、それでもただひたすらにずっと無条件の愛を送り続けてくれていたんです。



今まで気付けなくてごめんね、そしてずっとずっとありがとうございます。

あなたと出会ってから鳥がこんなに可愛い存在だと改めて気づきました。

初めてペットを家族だと思えるようになりました。

仕事をしているときに後ろを向くとうるさく鳴いてたよね。

イライラして怒鳴ってしまったこともあった。

連日外出で家の中でずっと暗くなってもひとりぼっちの日も沢山あったよね。

だけど一緒にお昼寝するとあなたも一緒に肩の上で寝ててくれたね。

私が精神的に辛くて不安定な時には、連日夢にまで出てきて助けてくれたのも覚えてるよ。

そして今年の3月からずっと私の為に卵を産んでくれてたんだね。

私達の家族になってくれてありがとう。

そして私に無条件の愛を教えてくれてありがとう。

愛と感謝を込めて

冬ノート用見開き.jpg
posted by えみ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトワーク