2011年05月12日

運命の奴隷

ツイッターの方でフォローさせていただいている方がつぶやいていたことでした。
お伺いしたらシェアしてもOKという御許可を頂いたのでご紹介させて頂きます。

行き詰まりや閉塞感を感じていたらここら辺をチェックしてみるといい。というものです。

「私は神の奴隷です。」
「私は人生の奴隷です。」
「私は運命の奴隷です。」
「私の運命は決まっている。」

私も早速筋反射で調べてみたら、最後の二つが入っていました。

それを先ほど全てのレベルでこれらをシータヒーリングで
「私は運命を自由に自分の意思でかえる事ができ、かつ運命など本当は存在しない」
に置き換えました。

その時に上に言われた言葉は、
「自分の運命を自分の外側で探している、意味や意義を自分意外の場所で探している」
というものでした。
この意味は…やはり他力本願的な思考があるのかな?
それとも運命に翻弄されていれば私に降りかかる全てのことは人の、運命のせいに出来ると思っているのか…。

先日自分の人生は自分で創造していると書いたばかりなのに、まだ自分以外の部分に責任を押し付けようとしてたんですね。まさに責任転嫁…!!
責任というのは本当に考えれば考えるほどにいくつも答えや見本、気付きが出てきます。
それだけ私が責任というものを嫌悪し拒絶していたからなんだとは思うのですが…

自分の人生なんだから自分で責任もって楽しんで生きていかないと勿体無いですね^^;

想像主から言われたことは、私がヒーラーとして今後歩んでいく上で「人の為にとか、人が喜ぶことをしたい」を一番の理由に据えようとしていたからなんだと思います。
私の場合はどちらかと言うと、人にヒーリングをする方が自分の為になるから、とか自分がそうした方が嬉しいとか楽しいとか楽になれるとか、そういうのをもっと前面に出す方が良くて、人の為になる事をしたいなんていうだけでもう何か偽善的というか既にその時点で自分を偽っているのかも。

自分がやりたいこと、自分の為になる事をやった結果が人が喜んでくれる、人の為になるというのがいいんですよねきっと。
まずは自分の為にどんどん自分磨きというモニターセッションをせっせとがんばっていきます。

posted by えみ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | シータヒーリング

2011年02月04日

目の前で人が…の夢

いつもご訪問頂きありがとうございます^^

今日は夜にみた夢の話です。
夢の話は主に自分の為の覚書みたいなものですが、それによって何か皆さんとシェアできるものがあるなら幸いです。

今日はうなされて寝汗もかいて起きました。

覚えている内容は、自分が(夢の中では白髪の混じった頭の固いおやじ風の高校の校長だった)
若い頃に無実の罪で捕まった時の回想をしている場面でした。
夢の中で回想してるというのもおかしな話ですけど(笑)
その頃の彼はちょっと悪ぶってて、だけどそれでも気にかけてくれる先生が数人いて
無事に卒業することになっていたみたいですが、卒業式にも出ずに校舎内をふらついていると、
偶然鉄塔の上にいる先生を発見しました。

彼は焦ってそこへ走っていき、早まるなよ先生!と自分も鉄塔へ登って行きます。
私は途中から彼の体から抜け出て、空中でその光景を見ていました。
男性の先生の顔は表情も生気も無く、声も聞こえていないような感じに見えました。
渋いクリーム色のような背広を着ていて、ちょっと白髪が混じっててまじめそうな感じの先生。
今世で知っている顔ではもちろんありません。
俺が受け止めるから!と途中まで登って腹ばいになって手を伸ばしている最中に先生は彼のすぐ斜め前をすり抜けるように音も無く落ちていきました。
したをみると既になくなってるであろう先生のうつぶせになった姿が見えました。

そしてその姿を見ていた保健医の女性の先生は彼を庇ったが受け入れられることは無く、
彼は無実の殺人罪で数年間捕まりました。
という内容だったみたいです。

高校時代にお世話になったらしい先生が学校内の校舎に隣接している鉄塔の半分位の高さから飛び降りて、それを助けようとした自分は犯人にされた。
目の前の人を助けられずに死ぬ様を目撃したことと、無実の罪で捕まったトラウマは、彼にとって何年たっても拭うことの出来ないものになったみたいでした。

そして年月が経ち、彼はその学校の校長になりました。
何故彼が校長になったのかは判りませんでしたが、何か頑固な信念というか何かに固執している
気持ちを感じました。
その為にその高校に戻ってきた、と。
そんな彼の回想を夢の中で観ました。

夢診断では「人が死ぬ夢は再生や再出発を意味することが多い」
と書いてあることが多いですが、私の場合はどうなんでしょうね?


ちなみに今、夢の内容に沿って筋反射テストをしてみたら、

・私は過去世において無実の罪で捕まったことがある
・それは殺人罪であった
・私はその時男だった
・死んだ相手は恩師であった
・私は今も罰を受けている
・私は今世においてもそのトラウマをもっている
・目の前で人を助けられなかったことを後悔している

そして何の罰を受けているのかシータで、すべてなるものの創造主に聞いてみました。
これについては後述しますが聞こえたというより、その問題を話している場面を思い出しました。

・私は死んだ人を見つけたら光に還さなくてはならない

というようなニュアンスの思考パターンが入っていました。

この思考パターンが入っていたということは、もしかしたら過去世の夢だったのかも?
それともこの夢を観たから私はこういう人間だったという思考パターンを新たに作ったのか?
どちらが先かはわかりませんがとにかく筋反射では入っていました。

なのでこの中で一番重要なものをピックアップします。
最優先事項で一番だったものは
・私は過去世において無実の罪で捕まったことがある

2番目は
・私は死んだ人を見つけたら光に還さなくてはならない

でした。

さてここでシータヒーリングの登場です。
1番目の問題をを7層にコマンドして全てのレベルで完了し、解決し、癒して光へ還しました。
するとあら不思議!ほかの全ての項目の筋反射チェックが全て外れました〜♪
この問題が一番引っかかっていたのね。

今ここまで書いてから、そういえば私…昔から人に誤解されたりするのがものすごく嫌だと感じてたな
と思いました。ずっと昔から人から誤解されたりすることに過剰反応していた気がします。
そういう思考パターンがあったからかもしれませんね。
今筋反射テストしてみたらばっちり入ってました(笑)
此方は簡単にスピクリで思考を手放し変換しました。


そして先ほどの

・私は死んだ人を見つけたら光に還さなくてはならない

この思考パターン、実は新年のみえこさんのスピクリ&シータ練習会にでてきた課題だったんです。
もし第3の目が開いたらどんなことがある?という内容で、
見えるようになったらきりが無い、という思考でした。
見えるようになったらその人やエネルギーを光へ還さないといけない、という思考でした。
何でそんなこと思ってるんだろうね〜なんてその時は思ってて、
だけどこれはその時は抜けなかったんです。抜かなかったか、時間が足りなかったか。

その光景を7層に見せられました。ああ、あの時のこの思考パターンが自分の罰なのね、と。
お、おもしろーい!
初めて上からのメッセージをちゃんと映像として認識したというか、思い出すってこういうことか!
みたいな気分でした。
あの時に思考パターンが抜けなかったのはこの日のためだったのかもしれません。
そして全ての出来事は全く無駄なものはない、ということも改めて実感しました。


最近自分の課題がよく夢に出てくるなーと感じます。
ただの夢を私が都合よく解釈しているだけかもしれませんが、私の未熟な部分をガイドから
夢というツールでサポートを受けているのでは、と思っています。
今までも課題を夢で提示されてたのかもしれませんが、それを解決する方法を知らなかっただけかも
しれません。
そもそもシータヒーリングを勉強していなかったら夢を観てもただの夢としか思わず課題とすら
思わなかったと思います。
同じものでも見る方向を少し変えるだけでこんなにも見えてくる世界は変わるものなんですね。

こうやって夢から色々なメッセージやサポートを受けていると、
私は1人でこの世界にいるのではないんだなぁ…と強く観じます。
目に見える者、そして目に見えないけど私をサポートしてくれている存在。そしてこの世界そのもの。
全てに生かされここに存在している奇跡に、自分の人生に感謝します。



余談ですが、シータヒーリングからの概念というのもありますが、基本的に私の日記の内容は
「輪廻転生」が在る、ものとして書いています。
簡単に言うと、本質の魂は転生を通じて魂の学びをしてゆく、というものです。
過去世を受け入れられない、信じていない方は、そのままあるがままの御自分で進んでゆかれてください。
この世界に無駄な学びなんてひとつもないんですから。

そして誰にでもこの世界は等しく愛を分け与えてくれているのですから。




PS
日記書いてから「ん?」と感じたことがあったので。
夢の回想の途中で保険医の女性が目撃してて、と書いたんですけど、私彼の体から出て空中で
その光景を見ている時に横にいたんですよそのおばさん。
赤い女性モノのスーツみたいなのを着てて、白髪が混じっててショートかパーマで髪の毛を上げてる感じの女性でした。私と同じ光景を見ててあわわわ…という感じにみえました。

同じとこに浮いてた…?
最初は遠い窓から目撃した?と解釈してたんですが、位置が結構私に近かった気がしたのと、
上半身しか見えなかったのもよく判りません。(夢だけど)
もしかしたら彼のガイドだったのかな?
posted by えみ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | シータヒーリング

2011年01月15日

ブランチ真理さんの1日ワークショップ

今日はブランチ真理さんの1日ワークショップに参加してきました。
大変勉強になりました♪
掘り下げ方法を聞いてるだけでも、そりゃもう優雅に進めていかれる姿が素敵でした。
他にも個人的に質問したことの問題が目から鱗的な衝撃を受けたりしてかえってきました。
カルマについて聞いてきたのですが、どうやらWRあたりでそこらへんの勉強はするらしいのですね。

真理さんのアナトミーを受講したい旨をお伝えして今日は帰ってきました。

今日の最高最善の出来事、出会った方達、そして自分の人生に感謝します。
posted by えみ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シータヒーリング

2011年01月14日

最高最善に〜

アバンダンスを受講し終わったあたりから、よく外出する際とかに
「自宅から最高最善に○○まで行き、そこから最高最善のタイミングで○○まで移動して○○して
自宅に帰ることが出来る」とか宣言しておくと、大体そんな感じで行動できるようになってきました。

昨日も心療内科と初めて伺う整骨院まで最高最善に、と宣言してから移動したら
心療内科でも待ち時間0分、練馬についてから整骨院に行っても受付終了2分後だったけど
快く受付してくださった上に待ち時間0分、そして帰りの最寄からのバスも待ち時間0分でした♪

やはりシータをやり始めてから宣言したり考えたことの実現率がかなり高くなったように思います。
だからこそ、エゴやマイナスの感情を抱くことの無いように(それが実現しやすくなってしまうため)
自分をクリアリングしていく必要があるのです。

一見便利なようにみえて、そこにはちゃんと自分の思考言動に対する責任が必要だということです。
ちなみにこういう願望の実現というものは自分自身に対するものにのみ有効です。
他人をどうにかしたい、貶めたいとか、相手をコントロールしたい、ということはできません。



そして心療内科では自分がスピリチュアルなことをしているということは伏せて、自分が気付いたことを
最近は報告しています。
・自分の中に否定する自分がいることや、それを受け入れそれでもこちらを選びたい、選ぶことが出来るということ。
・不安にばかりフォーカスするのはエネルギーの無駄遣いであるということ。
・自分の辛さを他人に判ってもらうことは出来ないということ。自分の辛さは自分しか判らないからこそ、
自分を認め、辛い経験をした自分を労い誉めてあげられるのは自分にしかできないということ、
自分が本当に楽しんでやりたいことをやるということ。

そんなことを最近は報告しました。
先生は大分自分を客観的に見ることが出来るようになってきたみたいだね、
と嬉しそうに笑って仰ってくださいました。
そんなお話しが出来る先生に出会えたことに感謝します。
posted by えみ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シータヒーリング

2011年01月07日

頭痛再び

昨日までの頭痛が治まった?と思ったらその日の夜から今度は耳のちょっと上あたりに刺すような痛みが出始めました。
うーん昨日やった頭部のクイックマッサージが良くなかったのかしら…?関係ないか。

それに伴い頭頂部や右側頭部も髪の毛をひっぱると痛かったりたまに刺すような痛みが走ったり。
元々外耳炎と鼓膜炎が酷いのでついでに耳鼻科で見てもらいました。

もしかしたら帯状疱疹になるかもしれないから様子見てね。ということで頓服でロキソニンを頂く。
帰宅してから少しネット巡回などをしてたら右目だけがかすみ始めました。
うわーなんだろう、頭痛とかすみ目って何か脳の疾患かしら…と思い、シータで7層に聞いてみました。

ここで今までの自分とちょっと変わったと感じたのは、こういう症状が出ても不安な感情が殆どでてこない
ということです。前はもうこれは脳の疾患じゃ!?どうしよう心配!!と胸がきゅーっとなってましたが、
何か殆ど心配にもならなくて、とりあえず7層にきいてみるか。みたいな感じでした。

昨日起こした発作の時も不安は無く、でもやはりスピクリずっと流してても苦しいから薬飲もう。
という今までとは少し対応の仕方が変わりました。

脱線しましたが、
まずは原因を教えるようコマンドしても全く判りません。7層に到達していないのか、未熟なせいか…
うーん…どうしよう、と逡巡したのち、
とりあえずこの右目のかすみと頭痛を無かったものにするよう命じました。

暫く見届けているとやはりいつものごとく意識が飛びがちになり、はっと我に返って目を開けると
目のかすみは治っていました〜♪わーいわーい
頭痛はまだ残ってますが、目のかすみだけでも元に戻ってこれで仕事の原稿ができます。

単に目を瞑ってたから元通りになったのか、7層にコマンドしたから見えるようになったのかは
自分で判断する自信がまだ足りませんが、こういうことの積み重ねなのかな…?と
思います。
こういうちょっとした事を繰り返してゆるぎない自分への信頼を作っていくんだな。
posted by えみ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | シータヒーリング