2010年12月26日

スピクリモニター2日目

昨日の話ですが、昨日は何だか一日沈んだ停滞した感覚でした。
まぁそういう日もあるよね〜と思いながら過ごしていましたが、
漫画のお仕事が残っているので、ペン入れをしてたらやっぱり漫画描くの楽しいなぁと
感じました。
やっぱり描くのは楽しいんだな私。

そんな事を思った日でした。

2010年12月24日

スピクリモニター1日目

一番初めにみのりさんから送られてきた時に胸のあたりに温かいものを感じました。
それに伴い何か涙が出そうな感覚に。

そして私の中でたてた課題を手放すことに関して、まだ嫌だ嫌だ!!って言ってる自分がいることにその時気づきました。
このままでいたいの!手放したら今までの生活が出来なくなっちゃうってダダをこねてる感じです。
ああ、自分で決めて手放すと決意したはずなのに、まだ嫌だと思っている自分がいるのね…と
思いました。

でも今まで伝授して頂いたときや他のセッションで手放しますか?って言われた時に自分の中でもやもやするものがあってもうーんなんだろうこれ?って感じだったのにはっきりと嫌だ!って言葉として認知する位に自分の心を感じたことが無かったように思います。
これも以前日記にかいた鏡写しの自分に気付いてからの自分の内観の印象なんでしょうね。
前よりは自分の内観が出来るようになってきたということなのかな…?と感じました。

2週間あるので暫くこの気持ちの自分に寄り添って見守ろうかと思います。
必要があれば自分でもスピクリを送ることも出来ますし。

そして今朝の夢で持ち帰ったいくつかですが、特に漫画の夢に関してはシータで自分で掘り下げを
する必要がありそうだな、と感じました。
2週間のうちに時間を作ってやろうと思います。

2010年12月23日

24日からのスピクリモニターに参加させて頂きます

みのりさんが募集されていた2週間スピクリモニターに参加させて頂きます。

24日の0時から始まり、1日に数度みのりさんから送られてくるスピクリを2週間受け取るというものです。
その間に自分自身と向き合うという感じです。

私が課題として選んだものは、大分前から感じていて、未だに解決出来ていない、
決めることが出来ていない私自身のこれから進みたい魂の進路についてこの2週間で
じっくり向き合ってみようと思います。

これ以外にも違うことを考え始めたり、見えてきたり気付いたりすることもあるかもしれませんが、
とりあえずまず私が決めたい、と思っていることです。



------------
恥を忍んで(あんまり忍んでないですが)今までの私の生活を少しご紹介しておきます。

今までは漫画が全てでした。私の世界の中心は漫画を描くことによって生計を立てること。
そう決めてから数年間過ごしてきました。5年前に結婚してからもそれは変わりませんでした。
夫も反対せず、私が辛い時には手を差し伸べて応援してくれます。
同人誌即売会というイベントへも嫌がらず、一緒に行ってくれて手伝ってくれました。
まさしく自分が理想だと思っていた環境でした。

しかし、漫画を描き続けていると運動もせずに引きこもりやすいせいなのか、身体が弱くなりました。
就寝時間は明け方4時頃。そしておきるのが8時という無茶ぶりでした。
ジムに通ったりもしましたが、風邪を引いたことが原因なのか半年後にリウマチのような症状が両手指に
発症し、だんだん指が動かなくなってきました。
指が動かなくなって漫画が描けなくなるかもしれないという恐怖におびえ、
リウマチ検査をしても特に以上はなく、朝起きると両手の固まった指をまずほぐす作業から始まりました。
そのうちにまた風邪をこじらせ、40度近い熱が1週間続き咳が止まらず眠れない日々を送り体力が
どんどん落ちて行きました。
そしてついに限界を感じて夫に救急車を頼みました。

そして2.3日で帰れると思っていたものが原因不明の熱で3週間、入院することになりました。
退院するとそれまで痛かった指のこわばりがすっかり良くなっていたのが不思議でした。
当事はシックハウスも考えたほどでした。

この日から不摂生をするのをやめようと強く思ったものの、漫画を描くという作業に戻っていくと
結局もとの不摂生な生活に戻っていってしまいました。
この一連の入院沙汰すらも漫画のねたになりました。
この頃の就寝時間は2時半頃でした。

そして気付くとたまに呼吸が苦しくなり始めたのです。また病院で検査するも何もなく、アレルギーでも
ありませんでした。
原因のわからない熱がずっとあったこともストレスになりました。
数度そういうことがあった結果、心療内科へ行くことをすすめられました。
そしてそこで診断されたのがパニック障害でした。
まさか私が心の病気にかかるわけがないとおもっていた分ショックでした。
しかしそれを受け入れ、そいういうものだと理解して生活していくうちに発作は起きなくなりました。

しかし自己判断で勝手に治ったと思った病気は実はまだ残っており、今年の夏にストレスと共に再発
したのです。
ここから友人との決別やスピリチュアルなことに興味を持ち勉強を始めることになりました。
今の就寝時間は12時頃です。

そして数年前から自分の停滞を感じていました。頑張っているように見せかけているだけで
前に進んでいない気がずっとしていました。でもみてみないふりをしてきました。
そしていつの間にか自分が拝金主義になっていたのです。
自分が作った本を売ることだけを考えていたように思います。
買ってくださる方の気持ちや自分の姿勢を蔑ろにして、相手から都合よく奪うことばかりを考えていました。
これらの私の行動の結果が今年の夏の出来事として私に還って来たのだと思います。

だからもう見て見ぬふりをしないことにしました。
もっと自分自身を知り、対話し、そして改めて自分の道を探そうと思ったのです。
今思うと不摂生やストレスも多大な原因だったと思いますが、体の不調はガイドたちからの
メッセージだったのかもしれません。
感謝せず、奪うことにのみ執心している自分へメッセージを送って下さっていたのかもしれません。

今までの出来事を自分が可哀想だとか同情して欲しいとかはもう思いません。
これは私が決めて行動してきた結果にすぎないからです。
今までのプロセスはとても心身に負担をかけるものだと判ったので、違う方法を選ぶことにしたのです。
----------


私がこれからどのような路を選ぶか、私にもまだ検討が付きません。
でも今までよりも漫画に対しての執着はかなり減りました。他の路もあるということにも気づきました。
だからこの2週間、みのりさんのモニターに参加できる機会を戴けたのはとても幸運なことだと思います。

この2週間で決めることが出来なかったとしても、この間の2週間は必ずいつか私が決めるための
糧になります。

このような機会を下さったみのりさんに感謝致します。

2010年12月21日

満月に地球にスピクリを送りました

12月21日の満月の日の夜、21時から12分間地球にスピクリエネルギーを送る、という企画に先ほど参加してきました。
お風呂も入って綺麗にして、セージで部屋とサポートしてくれる石さんを浄化して万全待機。
スピクリ流す時に最近サポートしていただいてる石さんはモルダバイトさんです。
指輪はめるだけだしね。


そして21時から地球さん、そして地球をサポートされているガイドさん達にスピクリを送りました。

何だかうっすら見えたものは視界いっぱいに広がる大きな球体。
それがぼんやりと光っていました。
そしてエネルギーを流し始めてから波のように自分の体がゾクゾクゾワゾワってしては収まるという
繰り返し。
このぞわぞわが何なのかがまだ経験不足で判りませんでした。

このエネルギーってずっと流してるとうっかり自分も寝落ちしそうになってしまいます。
今回もそうでした。うっかり夢みたいなのまで一瞬みたくらいです(笑)

ふと我に返って時計をみたら、丁度12分後でした。私すごい!(笑)
気付くと雨が降り始めていて、その時に思いました。

ああ、私はこの雨粒のひとつと同じなんだな…と。
私1人が地球にスピクリを流してもたいしたことはありません。
だけどその雨粒が沢山集まって川になってそして海になったら、地球を覆うほどのエネルギーになる、
ってことです。
私はその雨粒の一つになれたことが嬉しいです。

今回この企画に参加させていただけたことに心から感謝致します。
無限の感謝ありがとうございます。

2010年12月20日

明日は満月ですね

明日は満月ですね〜!
しかも皆既月食?の後に満月になるのだとか。
でも月食が見れるのが夕方あたりらしいので、運がよかったら見えるのかも!?

さて、明日は満月なので色んなヒーラーさんが無料一斉遠隔ヒーリングをされる
予定を立てておられるみたいです。
私は一斉遠隔とかやったことがないのでというかやり方がまだ判っていないので出来ませんが、
とある方の満月遠隔ヒーリングというものに初めて応募させて頂きました。
今から楽しみです…!!

私も当日は21時から12分間ほど有志のスピクリプラクティショナーさん、kimieさん方とご一緒に
地球への一斉ヒーリングをさせて頂く予定です。
皆で同じ時間に一つのものへのヒーリングをする共同作業に個人で参加すること自体が初めての体験なので
(シータ応用で似たようなことはしましたが)
どんな感じがするんだろう?皆とやってるって判るのかな?と
今から何だかわくわくドキドキしています。

今年最後の満月、楽しんでエネルギーを送り、そして地球も私も癒されそうです^^