2013年08月23日

シャドウを受け入れるということ

昨日の日記の追記のような感じになります。


そんな風にほんの少し不安定な体調で7月、8月の日常を過ごしていた時に、自分が自分の聖域となるという
考えに突然思い至りました。
もしかしたら、セッション後にまったく発作が起きなくなって、そのまま発作が戻ることなく完治して
しまっていたら、このように思い至ることはなかったんじゃないかと思います。

あの7月初めの発作を起こしたことで私の今まで培ってきた、自分が成長し学び、
自分自身と向き合ってきているという自信は一旦砕け散ったように感じました。
もしかして向き合ってきたとか、学んだと思ったのは、私の思いこみであって
全て間違っていたのか?と自信が持てなくなりました。

だけどその日の内に神社で自分のそんな思いを全部吐露して号泣したことで、
何だかすっきりしたことを感じました。


数日後のバイトの日も、やはり行く前に予期不安で強いストレスがかかり、外出する前から
発作が起きました。
そこで私はあることを実行してみようと考えました。
それは神社で泣いた時みたいに、木の代わりに自分で自分の話を聞くというものです。

頓服の薬を飲んでから、会社の先輩に発作を起こしたので午後から出社する旨を連絡し、
部屋で横になって号泣し始めました。
ひたすら泣きながら、
バイト行きたくないー!
発作が苦しくてもういやだ!
通勤なんてもういや!
何で私だけこんな通勤で苦しい思いをしなきゃいけないんだ
等など…

その時に感じてたことを声に出してひたすら自分に訴えたんです。
私は自分が苦しことを訴えている内容を、ただただ静かに何も口も挟まずに
聞いているという感じでした。
傍から見ると一人で泣きわめいてるだけなんですが、
自分自身としては、これは自分と向き合っているつもりなのです。

普段考えていることはやはり前向きだったり感謝だったり人の為になりたいとか、
成長の為にこの苦しみも必要な学びなのだとか、そういうことばかりが思いとして優先されています。

だからバイト行きたくないの!苦しいの!辛いの!
そういう感情にたいして、
でもね、これは自分で選んだ学びなんだよ、みたいな感じだったのです。

ハイアーセルフの自分が、インナーチャイルドの自分を諭しているっていう感じでしょうか。
でもそれを諭すのではなく、本当に今自分が感じてることをただひたすら受け入れることにしてみたんです。
私は本当はそう感じてるんだね、そうだったんだね、うんうん・・・って。
途中で口を挟まずにジャッジせずただひたすら聞いているだけ。

そんなことを1時間程してたら、気づいたら発作が治まっていました。
薬も効いたことは間違いないんだけど、それ以外にも心がとてもすっきりしている感じがしました。
普通は発作が起きてしまうと、薬を飲んで落ち着いてもやはりダメージがかなり大きくて、
1日寝込んだりしてしまう事も多いし、収まっても怖くて外出なんてできなかったんです。

それがその日はすぐにそのまま仕事に出かけることが出来ました。
バスと電車を乗り継いで2時間。
ちゃんと会社にいけました。


この経験から、私は自分自身が本来その時に感じてる感情をジャッジせずにただ自分で受け止めることが
とても重要なことなのかもしれないと、実感したのです。

そんな試みを具合が悪くなるたびにやっていました。
すると私のその時のインナーチャイルドのような感情は大体怒っているんです。
何でこんなことするんだ!嫌なのに!だって本当はこう思ってるじゃん!なんでそんなことするの!?
って。
そんなことをしばらく続けていたある日、
毎日ブログを拝見している、とくもりけいこさんという方の日記を拝見して、
ああ、私はこれをやっていたのか、と思ったのです。
それが、シャドウを受け入れるということでした。

とくもりさんの参考記事はこちらになります
シャドウと融合

私は私の方法で、自分のシャドウと呼ばれる感情と向き合い受け入れようとしていたんだなぁということが分りました。
そしてそれがとても重要なことだということも理解しました。
だって実際それをやることで身体も心も楽になったのですから。

この記事を拝見するまで気づかなかったのですが、インナーチャイルドと言われるものと、
シャドウと言われるものは、とても似た性質、もしくは同じなんじゃないか?と思いました。
どちらも自分が無意識に置き去りにしていた感情ですから。

でもその置き去りにした感情も私の一部であり、
本来の自分自身に戻る為には、そういう置き去りにした感情も受け入れる必要があるのですよね。

そんなことを7月上旬の発作では学んだのだと思います。

そういうことに気づいてから当時の事を振り返ってみると、
あの発作はなるべくしてなったということだったんだなぁと思います。
どんな出来事にも無駄なことはひとつもない、ということですね。

私なりのシャドウを受け入れるという方法が、少しでも読んで下さった方の役に立てばと思い
書くことにしました。

自分の本来の感情をただ受け入れることは、親が小さい子供の話を、横槍を入れることなく
根気よくじっと子供が満足するまで静かに聞くことに似ています。
根気よく、横槍をいれることなく、ただ静かにじっと心の声を聴いてみてください。
心が訴えていることにたいしての真偽や善悪等は関係ありません。
ただ貴方自身が貴方の本心に耳を傾ける、それだけでいいんです。

出来れば一人になれて、思う存分泣ける場所でやるといいですよ!
posted by えみ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き

2013年08月22日

シータヒーリングのセッションを受けてきました 続き2

セッションを受けたその後の経過になります。
前の記事の続きでもあります。

私が自分自身の聖域になると思い至ったきっかけになったのは、
練馬区にある神社の御神木と対話した時でした。


その日、7月に入ったばかりの頃にバイトの出勤途中で発作を起こしました。
途中で電車を降りて、その場に居たくなくて練馬まで戻ってきてしまいました。
30分以上たっても発作の不安がおさまる様子が無く、泣く泣く出勤を断念して、
そのまま練馬にあるかかりつけの心療内科に診察に行きました。

医者に行ったのはいいけど、気功で気の循環等を整えてくれるだけで、
私のバイト先へ行けなかったショックや、発作が起きたことでの外出への自信喪失などについては
軽く話す程度で時間が終わってしまい癒されませんでした。
発作を起こしたことがほんとうにショックで悲しくて、その苦しみを聞いてもらいたいのにそれはしてもらえなかった。

落ち込みながら駅に向かう途中で、ふと神社に行こうと思いつきました。
そして薬で大分落ち着いてきてはいたけれど、ショックで胸が締め付けられた苦しい状態で
ひたすら我慢して神社へ到着しました。

鳥居をくぐって神社の御神木を見た途端、
何とも言えない空気というか、例えるならば母親に迎えられた子供みたいな気持ちになったというか、
私は涙が抑えられなくて木の横で号泣してしまいました。

泣きながら心の中でひたすらショックだった今日の出来事をいいました。
変な話なのですが、医者に聞いてもらえなかったから私は近くの神社の御神木に言いたかったことを
話し続けたんです。
シータヒーリングでセッションを受けて、しばらく発作も起きなくて気持ちも明るくなってきてたのに、
もう通勤する自信が持てないことも、苦しくて辛いことも、医者が自分と向き合ってくれなかったショックも、全部全部話しました。
そして落ち着いたころに御神木が私に話しかけてくれました。

辛くて誰にも言えない時、私が貴方の魂の安らげる場所となりましょうっていってくれました。
本当にお母さんと話してる子供みたいな感覚でした。
そしてこうもいわれました。
貴方が今までやってきたことは決して無駄ではない、
少し躓いた位でなんですか、貴方にはこれからもずっとチャンスはあるのですよ、
と言われました。

他にもセッションを受けてエネルギーが変わっても、それが肉体に反映するまでには
少し時間がかかるのだともいわれました。
他にも色々話をききました。今の感情をしっかり味わうことが今ここで出来ることです、とか、
自分の周りに境界線を作る方法とか。

会社を安らげる場所にするにはどうしたらいい?って質問には、
近くの神社や会社の神棚の神様と交流を持ちなさいっていわれました。

最期に木に泣きつくなんて変かな・・・?と聞いたら、
他人の評価よりも、貴方がどう生き、どう感じ、どう学ぶかが大切ですよって言われました。

そんな対話が終了した時、気づいたら発作はすっかり収まっていました。
それからしばらくはやはり体調が安定しませんでしたが、最近になって大分発作は落ち着いてきました。

まだ苦しくなったり不安になったりすることもあって、鞄の中も食べ物と水を常に持ち歩いているけれど、
この前ふっと、
あれ?もしかしてパニック障害、治ってる?って思ったんです。
よく分らないけどそう思った瞬間がありました。
もしかして苦しくなるのも余韻みたいなもので、本当はもう病気自体は治ってるのかも、と思えたのです。

少なくとも会社にバイトに行くこと自体が前よりも楽になってきました。
会社の近くの神社にも出社する前に必ず寄って、ここまで出勤して来れた感謝とご挨拶をしたり、
会社に一人だった時にこっそり会社の神棚の神様にご挨拶もしました。
慣れてきたせいもあると思いますが、最近は会社での居心地が結構よいのです。
安心して仕事が出来るという感じです。

そんな風に発作を起こした後も外へ出ていけていることに感謝するばかりです。
この恵まれた環境に感謝します。
私と関わってくれている人たちに感謝します。

ありがとうございます。
posted by えみ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き

2013年08月21日

自分が自分の聖域となる

タイトルの

「自分が自分の聖域となる」

という言葉、ある時ふとそこに思い至りました。
私はパニック障害と診断されてから、これまでいつ発作がおきるかとずっと不安を抱えて
生きてきました。
ほぼ毎日みぞおちの辺りが重くて息苦しくて、出かける時はいつ起きるかと不安で、
頓服用の薬は必ず携帯し、補食用の食べ物飲み物を山ほど外出時には持ち歩き、
最近はいつも鞄が物凄く重いのです。
私はこの鞄の重さは私の不安の重さだと思っています。
まだ未だに鞄は軽くならないのですが、最近ほとんど発作が起きなくなってきました。
そして思い至ったことがありました。

それが、
「自分が自分の聖域となる」ということでした。
私は発作が起きると、その場から逃げ出したくなるのです。
落ち着かなくてその場に居たくなくなる。
どこかに帰りたくなる。
突然物凄い孤独感に襲われて不安が膨らむんです。

そう感じた時に、何で私はここから逃げ出したいのだろう?と思ったんです。
勿論その場のエネルギーが自分に合わなくて、その場から離れた方がいいという
ケースもあります。
それ以外になんで家に帰りたいと思うんだろう?
家に帰ったって、発作がすぐ治まるわけじゃないし、確かに安心はできるだろうけど
休むことならどこでも出来るのでは?なんで家に帰ることにこだわるのだろう?って。

そういうことについて思いを巡らしたりしていると、ある時ふっと、
もしかして自分自身が自分にとって一番安心出来て安らげる場所なら、
私はどこにいても大丈夫なんじゃないか?と思ったのです。
本当は家などの場所とかは関係なく、自分自身を信頼しきれていないから、
安心できる場所を外に求めているんじゃないのか?
そう思ったんです。

そうだとしたら、もし自分自身を真に理解して、なんでも自分自身が受け止めてあげられて、
世界の全てが敵にまわろうとも私自身は私の味方であり、私を全面的に愛してあげられたら、
私自身を真に信頼できたなら、私はどこにいっても何をしてもずっと安心な気持ちでいられるんじゃないのか?って思ったのです。
その安心な場所ならば、自分の持てる力を全て使えるようになるんじゃないか?
むしろ本来の力以上の力も発揮できるんじゃないか?とさえ思うのです。

だってスポーツとかだって自分を心から信頼して応援してくれる人がいたら、
全力+αの気持ちとエネルギーで本来以上の実力を発揮したりするじゃないですか。

自分自身を信頼し愛すること、自分が心から素の自分自身でいられる場所が自分自身であればいいのだと思ったんです。
友人にその話をしたら、
それが「今、ここ」ということだと言われました。

まだ自分が自分の聖域となる為に具体的にどんなことをしたらいいかとか、
全ては理解してないのですが、私はいずれその状態になれるということが
何故か不安なくわかっている感じがするのです。
どうしたらいいのかも良く分ってないのに、何故か私は必ずそうなる、ことが分るんです。
不思議ですよね。


私が自分自身の聖域になると思い至ったきっかけになったのは、
練馬区にある神社の御神木と対話した時でした。
これはシータヒーリングのセッションのその後の話からの続きになるのでまた次の記事に書きますね。
posted by えみ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き

2013年07月13日

夏越しの祓と私の自転車

先月の夏越しの祓の時のことです。

私は夏越しの祓というものに参加したことが今まで一度も無かったのですが(知らなかったので)
友人がつぶやいてるのを発見して、近くにそういえば茅の輪の写真が載ってる神社があった、
と思い出し、思い立って自転車で向かいました。
不思議なのですが、何だかこの夏越しの祓に行かないといけないというか、凄い行きたい、と
感じて身体が抵抗なく自然に動く感じだったのを覚えています。


現地へ着くと人がだれもいません。
あれ…?と思い神社の人に聞いてみると、開始は3時からで今は4時半、丁度終わったところだよと言われました。

ガーン…

しょんぼりしたけど、しょうがないので茅の輪だけ八の字にくぐって(これも教えて頂いた)神社にお参りをしてきました。

そして帰る途中に隣にあった自転車ショップで自転車の空気を入れて帰ったのです。

空気を入れて走りやすくなった自転車でしばらく走っていると、
途中で

パーンッ

って発砲したみたいな大きな音を立てて、いきなり後輪が破裂しました。
びっくりして降りてみると、後ろのタイヤがペッちゃんこ。
あー・・・空気入れすぎちゃったのかな・・・
と思いながら自転車を引いて空気を入れた自転車屋さんまで戻ることにしました。
ちょっと距離があったので、タイヤパンクしてるけど、乗れないかなぁ?なんて思って
試しに乗ってみたのがいけなかった・・・
何と前輪も同じように

パーンッ

って破裂してしまったのです…
そりゃもう恥ずかしかったです。
側をすれ違ってた人達もびっくりしてて申し訳ないやら恥ずかしいやら。

結局両方破裂してしまった状態で自転車ショップに持ち込み、事情を話しました。

タイヤも両方再起不能になってしまっていて、交換するとなると7000円以上かかるということでした。
今乗っている自転車はもう大学時代に通学の為に買ったもので、15年位使っていたものです。
結構使い込んでいたのでタイヤ自体も何度もパンク修理したり、タイヤ自体もかなりヒビが入っていたので、次にパンクしたら交換かなってお店の人に言われてたくらいでした。
そんな経緯があって、タイヤ交換になったら次は電動自転車にしようと決めていました。
だけど今の自転車に愛着もあったので、壊れて再起不能になるまでは・・・と思っていたのです。

そしてその日が突然やってきたのです。
今まで空気入れても全然そんなこと一度もなかったし、両方破裂とか予想すらできませんでした。

この出来事で、この子とは今日ここでお別れなんだと思いました。

電動自転車にしたいことを店員さんに伝えて、特性やバッテリーの事などの説明を色々お聞きし、
ちょっとだけ外で試乗させて頂きました。
本体は30キロ近くあるから、うまく乗りこなせるの?と不安だったのですが、
乗ってみるとあまりの軽さにびっくりしました。

そして壊れてしまった自転車は家に連れて帰るにも距離がありすぎたので、
そのお店で廃棄処分にしていただくことになりました。

r600x600 (1).jpg

名前を桂花(ケイカ)と名付け、大学時代には大学で自転車を洗ったりと色々大切にしていました。
15年たつとサドルやハンドルのゴム部もかなり劣化してベタベタすることもありました。
錆も結構広がっていたり、すぐパンクしたり空気がぬけてしまったりして、
最後の方は平地でもこぐのがとても重くて大変ではありました。
古すぎて誰も盗む人いないだろうって感じだったので、
盗難に関してもまったく気にしたこともありませんでした。
そんな適当な扱いだったけど、それでも今まで私の足として頑張ってくれました。

そして夏越しの祓のこの日に私と自転車にとって印象的な幕引きとなりました。

大学時代から引き継いできた象徴のひとつであるようなこのオレンジの自転車を
この日に手放すことになって、悲しんだり名残惜しんだりする余裕も無くパっと手放してしまいました。

多分タイヤ破裂も片方だったら直して今も使い続けてたかもしれません。
片方だけ壊れた状態で廃棄することにかなり罪悪感があったと思います。
そういう悩む隙も与えられずに私や周りの人たちが怪我をすることも無く、見事に壊れてくれたんです。
もう見事、としか言いようがありませんでした。

何故この子をこのタイミングで手放すことになったのか、
理由はわかりません。
だけどそういうことなのだろうと、何となく納得しました。

桂花さん、私が大学生の時から今まで、ずっとずっとありがとうございました。
大切にしなかったこともあったり、乱暴に扱ったこともあったのに、こんなに長く
一緒にいてくれたことに感謝します。
私の足として色んな場所に連れて行ってくれてありがとう。
色んな思い出をありがとう。

そして、お疲れ様でした。
posted by えみ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気付き

2013年07月09日

シータヒーリングのセッションを受けてきました、続き

先日シータヒーリングのセッションを受けてきましたという日記を書きました。

今日はその続きです。
あの記事を書いてからまた色々変化したことがあったので追記としてそこらへんも書こうと思います。

セッション当日、私は昼から出かける準備をして外出しました。
それまでは調子良かったのに、出かけるとなった途端、
何だか少し息苦しい感じになりました。
これも抵抗なのかしら?
と、思いつつ自転車をこいでセッションルームへ到着。

みのりさんはすでにいらしていて、すぐにセッションを始めました。
後で聞いたのですが、セッションルームに来た時には、すでに私と一緒に
何か来ている、と感じていたそうです。
もしかしたら息苦しいと感じたのはその存在がいたからかもしれません。

セッションのメインは、パニック発作に関する内容でした。
詳しいことはもう忘れてしまったのですが、どんどん掘り下げをしていきました。
私は聞かれることについて、自分がどう感じているのか、
どういう感情があって、何を思っているのかということを感じることに集中しました。
頭で考えるのではなく、掘り下げる時に浮かんできた情景や感情、感覚をどんどん伝えていきます。
そしてわかったのは、私の中にあったその思考はどうも過去世らしき男性のお坊さんだということでした。

彼の生きていた環境は、とても貧しく、生き残るためには
食べ物等を他者から殺したりして奪わないといけないような、
そんな過酷な世の中だったようで、彼の両親や家族はそれらの犠牲になって
殺されてしまったようでした。
少年だった彼は、お寺に逃げ込んだか引き取られたかして、お寺で生活するようになりました。
そこで彼が感じていた悲しみというものがとても大きくて、
生きていく為に奪ったり殺したりする仕方がなかった世の中に対してとても悲しんでいたようです。
何故家族で幸せに暮らすという当たり前の幸せすらかなわないのだろうと嘆いていました。

私はその出てきた感情や感覚や情景を話しているうちに、自分が経験したわけでもないし、
生きるために人を殺すなんて想像もつかないはずなのに、とても悲しくて悲しくて
号泣してしまいました。
でも彼の感情は絶望や憎しみではなく、ただ世間に対しての悲しみでした。

彼はその後お寺の結構地位の高い僧侶になったようでしたが、その悲しみが癒されることは
無かったみたいでした。
寺内でも常に孤独感があり、仲間にも心を赦すことが無かったようですし、
どうも結婚することも無かったみたい。

そして58歳頃に亡くなったそうですが、彼にはその後やりたいことがあったみたいで、
そのやりたいことというのが、私がいつか60歳位になってからやりたいとうっすら思っていたことだったのです。
これにはびっくり。
私がやりたいって思ってたのは、過去から持ち越したことを思い出しただけだったのかと。
だけど、私がその60歳位になったらやりたいって思っていたことを想像してみると、
何とも楽しくない感じで、ひたすら真面目に真摯にそれを伝えている映像がみえるのです。
受けている人達も真面目に真摯に受けてる感じ。楽しいとかではないのです。

私が伝えていきたいと感じていたのは、アメブロの記事に書いたことがあるのですが、
「死」というものについて、色々伝えていきたいという思いでした。
扱う題材が死なんだから楽しいもないかもしれませんが、こう思ってたのは過去での私の思いも
かなり影響していたのだと分りました。
かなり私がやる使命みたいな面もちに近かった気がします。
学びは苦しいものだ、という思考パターンも入っていました。

そして一連の掘り下げをやったあと、全てを癒してもらい、私は自由に生きてもいいのだと知りました。
ヒーリングをしてもらっている時に、感じたことは、
自分は結構完璧主義者みたいな側面があったのだということ、
そして、人に教えるとか、本当は柄じゃないんだよね〜って思いでした。

私がどういう方法で伝えたり表現したりしてもいいのだと、自分の自由にしていいのだと分りました。


その大きなテーマの後に、病気に関連するもろもろの思考パターンも続けて掘り下げしていきました。

次に出てきたのは病弱で人の世話にならないと生きていけない女性の人生でした。
彼女は生きているとき、世話をしてくれる唯一の存在以外からは、家族からすらも疎まれていたようでした。
それが罪悪感等になっていたようです。
そして彼女が死んでから知ったことがありました。
それは病気は自分や周りの成長の役に立っていたということでした。
そして彼女はいつか違う人生では、生きている時に病気が役にたつことに気づきたいと
思ったようなのです。
そしてそれに気づいた後、自分がどう生きていくかを知りたかったという感じがしました。

そこまで掘り下げてきて、今の自分の現状そのものだと思いました。
病気になり、死への不安と恐怖と罪悪感で一杯になっていた時期、
ヒーリングというものを知り、人というもの、自分というものが何なのかを知り始めた時期、
愛が何なのか、学びが何なのかを知り始め、そして自分と向き合うとはどういうことかを
知りはじめ、自分を愛するとはどういうことかを知り始めた今。

私は今丁度その過渡期にいるのだと分りました。
辛い辛いと疎んでいたこともあるけれど、この病気は私にとって必要な学びの過程であるのだと、
今回のセッションで改めて思いました。
そして過去世(かどうかは実際は分りませんが、自分の今の人生以外の過去での経験という感じとして捉えてください)での思い、経験がこれほどまでに今の自分に引き継がれていたのだということにも
驚きました。

今更ですが、過去世っていうものが本当にあるのかも、と改めて実感した気がしました。
だって、今の私が経験したことがない、ありえない体験の感情を感じて深い悲しみから泣くなんて、
泣いてる本人も不思議でしたもの。

それ以外にももう少し引き抜きや置き換え、掘り下げ等をしていただいてセッションは終了しました。
2時間半の長丁場でした。
Minoriさん、こんな長い時間ありがとうございました。


そして、この日を境にびっくりするくらい発作が起きなくなりました。
ほぼ毎日あったみぞおちの重さや緊張も無くなり、出かけることが苦痛ではなくなりました。

セッションの次の日のアルバイトなんて、出かける途中で、こんなに軽やかな気持ちで
仕事に出かけられることがありがたくて、うれしくて、泣きながら会社に向かいました。
その後6月一杯、約10日間程、病気が治ったのだと思いました。

それくらい調子が良く、嬉しくて幸せな日々だったんです。
これならアルバイトを精力的に続けられる、そう思って7月からは
週2日に増やして通えることになったのです。
嬉しかったし、働いたお金でシータヒーリングのアナトミーも
いつか受けられる!と希望が見えてきました。





ですが、7月に入った途端、また発作が戻ってきてしまったのでした。

ショックでした。
今までの積み重ねてきた自信も無くなりました。
泣きました。

長くなったのでこのはなしは次の記事にしますね。

読んでいただいてありがとうございます。
posted by えみ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シータヒーリング